故人の遺影モノクロ写真の無料でカラー化・繊細化・動画化方法まとめ

スポンサーリンク

年老いて死を迎えようとした時に一体私に何が残っているのだろう。

私を焼いた後には骨ひとつ残りはすまい……。

その思いが私を駆り立て先祖調査を始めて早20年。

しかし先行きに不安を感じる難しさ……いや、これは難解というレベルではない。

 
 

一方で多くの読者から先祖調査への質問が届き、プライベートでは返信の対応に追われている。

これだけ需要があるなら、

 

「定年退職後には一念発起して起業じゃー!」

 

と考える事もあるが、先祖調査は地道で薄給で辛い仕事だ……。

ただし将来の事は分からない。まずは、無料セミナー「素人から始める先祖調査方法」を行い名前を売っておくべきか。

と思考を巡らせる事はあるものの、どうせセミナーの参加者は定年退職されたご年配ばかりだし、私が定年退職した頃には他界され潜在顧客になることはないだろう。

最近は、機械学習を使って一枚の写真を動画にする技術がホットだ。

この技術には、さまざまな顔モデルを互いに比較してどのモデルが最も「リアル」かを判断する敵対的生成ネットワーク(GAN)を利用する。

要するに、生成された各モデルを絞り込んで動画に使用する最終的なモデルを選択する。

計算にはGPU搭載、潤沢な容量、高スペックなコンピューターが必要でクラウドサービスを使う事も多いが、貧乏な小生は試せていない。

今回は、技術の深堀りは一旦忘れ先祖調査の一貫として世の中の優れたサービスを紹介する。

スポンサーリンク

故人の一枚の遺影写真を蘇らせる

故人の写真といえば「遺影写真」が真っ先に思いつく。これしか残っていない家庭も多いはず。

私の家系は直系でないので「遺影」はない。唯一保有している先祖の写真は書籍に載っていた「保田(大上屋)保兵衛」という江戸時代末期から明治を生きた人物のものだ。

 
 

広島と言えば牡蠣

 

と呼ばれるようになった理由は、藩から35人の株仲間による独占が認められたからであり、先祖は紛れもないその一人である。

仁保島の14艘の牡蠣仲間の人物一覧は間違い(2/2)
年始に初詣に行こうと家を出たが、鍵を忘れて自転車にも乗れず・・家にも戻れず・・・数時間。2018年は不運の幕開けだ・・・。 仁保島のかき株仲間仁保島のかき株仲間について、調べても分からない。「仁保島の14艘...

広島から船で大阪まで売りに行ってたと聞く。明治初期の先祖の家庭はさぞかし超裕福だった事だろう。やっぱりサラリーマン駄目だな。

今回は悲壮感を綴る話でないので、話を元に戻す。

自動色付けウェブサービスの比較検証

ググると3つサービスが見つかった。

 
 

筑波大学 飯塚助教(前早稲田大学)らによるプロジェクト

Automatic Image Colorization・白黒画像の自動色付け

シンガポールの政府関係テクノロジーを活用した試みによる「ColouriseSG」

ColouriseSG
A deep learning colouriser prototype specifically for old Singaporean photos.

アメリカのAlgorithmiaという名のスタートアップのサービス「Colorize Images」

Colorize Black and White Photos
Automatically colorize black and white photos, pictures, and images using the Colorful Image Colorization microservice

 
 

この中で、「ColouriseSG」はオープンソース化に向けてサービスが中止となっていたので、2種類を試す。

 

筑波大学 飯塚助教(前早稲田大学)らによるプロジェクトの結果(左:原画、右:変換後)

「Colorize Images」による白黒写真を自動的にカラー化の結果(左:原画、右:変換後)

 
 

………………。

 
 

セピアになっただけじゃねーか!

 
 

あまりに古い肖像画等はPhotoshop等で加工した方が良さそうだ。

 
 

はい。完成。

古いモノクロ写真を鮮明写真として復元する

「MyHeritage」は、イスラエルの企業MyHeritageが手がけるサービスで、先祖調査マニアは知っている家系図を作成するウェブサイトだ。

このサイトが、実はものすごく古いモノクロ写真も復元できてしまうAIの技術を使った機能「Enhance your photos」というサービスを公開している。

MyHeritage Photo Enhancer, enhance your family photos with the world’s best deep learning technology - MyHeritage
The MyHeritage Photo Enhancer uses deep learning technology to enhance photos by upscaling (increasing the resolution) the faces that appear in them. This produ...

イスラエルのIT技術って半端ない。

昔は「トラスター(TRUSTAR)」というイスラエル軍事機関が開発した嘘発見ソフトを活用して、異性の私への本心を確認させてもらったわ。

 
 

多くの異性から嫌われていたからね、私。

 
 

で、肝心の結果がこちら。

 
 

左:原画、右:変換後

 
 

ちょww、きめ細かいすべすべの肌になった!

 
 

究極美肌のプリ機もビックリ、写真撮る前に化粧要らないじゃん。

何これ?イスラエル人って天才?

 
 

昔、私に精神的苦痛を与え続けた会社の先輩が、

 

先輩「ボケた写真もいつか技術が進歩して鮮明になると信じて保存している」
 

というのを聞いて「撮り直せよ、コイツ アホだな」と思っていたが、技術の進歩って凄まじいな。
 

そして、この先輩は部長まで上り詰めたので、未来も予想できない生涯平社員のお荷物アホは私だったわ。

写真の中の人の顔に動きをつける

上で、モノクロ写真復元機能を紹介したが、イスラエルMyHeritageの技術探求は止まらない。

ディープラーニングで写真の人物に動きをつける「Deep Nostalgia」というサービスも先月末に公開している。

MyHeritage Deep Nostalgia™, deep learning technology to animate the faces in still family photos - MyHeritage
MyHeritage Deep Nostalgia™, video reenactment technology to animate the faces in still photos and create high-quality, realistic video footage.

「Deep Nostalgia」は、D-IDという企業の顔認識技術「Live Portrait」がベースとなっているそうだが、ここでは技術の深堀りはしない。

 
 

低解像度の写真もアップコンバートを経て高解像度で動かせるのが特徴らしく、「最愛の祖先を生き返らせることを目的としています」と書かれている。

 
 

とはいえ、さすがに動画はリアリティの追求が難しいんじゃない?

生身の人間との違和感がより浮き彫りになることを、俗に「不気味の谷」と呼ぶが、それを感じてしまいそうだ。

 
 

さて実験。

 

 
 

 

じっちゃーん!!

 
 

(C)吾峠呼世晴/鬼滅の刃、[トレース引用] めぐ(@217Megu_Hiro)

 

 
 

あれ?これ、ご先祖様の完全な動画フィルムじゃん。

ほら、こう瞳をつむれば、懐かしい昔一緒に遊んだ思い出を思い出す…………ことは無いけどさ。会ったこと無いし。

技術の進化スゲーな。

 
 

そして、やっぱり朧気おぼろげに祖父や曽祖父の顔に似てる。「不気味の谷」とか感じないよ?

まとめ 死者への冒涜か?

必ず物議を醸し出すであろう、個人的な倫理感を最後に語っておく。

 
 

日本でAIに関する大きな出来事の1つは、2019年の第70回NHK紅白歌合戦で「AI美空ひばり」による3D映像の歌唱が流れたことだと思ってる。

著名人やメディアからは、

「倫理的に問題ではないか」
「死者への冒涜だ」

との意見が上がり、否定の世論が多く出た。

 

私としては技術としてはありかもしれませんが、歌番組の出演、CDの発売は絶対に否と考えます。

(中略)

ひと言で申し上げると、冒涜です。

山下達郎のサンデー・ソングブック ーより引用

 

焦点は、AIを使って故人の人格までコピーしてしまった事だろう。

 

少なくとも、故人の写真の繊細化、動画化程度であれば、その範疇じゃないというのが個人の見解だ。

そしてAIなんて道具なので、使いたい人だけが使えば良いんだよ。

 

 

なお、先日からSNSで人物写真から動画変換し「恋のマイアヒ」の楽曲を歌わせる糞アプリが流行している。

alievk/avatarify
Avatars for Zoom, Skype and other video-conferencing apps. - alievk/avatarify

今回日記で紹介したサービスは先祖の回顧目的だが、マイアヒは死者への敬意を完全に忘れて笑い者にしてるだけだ。

これは死者への冒涜ととられても仕方ない。

コメント

  1. 牧本 雅弘 より:

    はじめまして。
    私の祖母の旧姓が保田になります。
    戦争が終わるまで同じ庄屋だったと聞いています。
    祖母が言うには「保田の本家は昔銀行の社長をしたと聞いている」と言われたのでたぶん保田八十吉の事を言っているのだと思います。
    ただ、その事を祖母に伝えると「仁保にも遠い親戚がいてそこも庄屋をしていて分家だが誰も触る事を禁止されている家系図がある」と言われネットで調べるとここにたどり着きました。

    祖母の旧姓の保田家の庄屋は広島市西区大芝あたりに住んでいたそうです。
    (西原にも保田家関連の家があって当時はどっちに住んでいたのか戦争の頃を思い出すみたいでそこは祖母は答えてくれません。)

    ひょっとすると筆者様と遠い親戚なのかもしれません。
    でも、違うのかもしれません。
    少し気になったのでコメントしました。

    • nehori より:

      牧本様、連絡ありがとうございます。
      御祖母様の話を聞く限りは保田八十吉氏の御子孫様のように感じます(彼の家系は和歌山県出身です)。
      仁保の保田であれば我々の親族と思われます(我々の家系は東広島出身のようで保田八十吉氏とは接点がありませんでした)。

      私も牧本様の御先祖様に非常に興味あります。別途、御自身での調査方法をメールにてアドバイスさせて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました