ねほり.com

何もないから何かみつかる

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

      2019/12/22

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦です。

Kerasは、TensorFlowのラッパークラスだけどAIライブラリの中で一番簡単です。

ということでディープラーニングを学ぶために、Kerasを使って少しずつ学習を進めています。

今回は株の利益を計算してみます。

で、LSTMによる 正解率は?

test

よく見ると、「AIの予測値」と「実際の株価」が一日ズレて表示されているようです。

要するに後出しジャンケンです。

LSTMは「一つ手前のデータと、これまでのパターンから次の値を予測する」ことをやってます。

実はこの場合、ただ単に一つ手前のデータをコピーして返しているだけなので株価予測には使えません。

試しに、株価の上下動が当たる確率を計算してみましょう。

どうやって計算すれば良いのか?

悩みましたが、ネットでサンプルコードを発見し改造しました。

np.sign(x)は、配列xの符号を求めます。

要するに、翌日の上げ下げ予測が正しいか否かを正解率としています。

株価の上下動が当たる確率

結果は

accuracy = 0.49

でした。

つまり成果率は49%です。

で、次は?

何をもって正解とするか・・・それが難しい。

0814

たとえば、このチャートでの正解ってどこよ?

今までのテクニカル分析は、テクニカル指標を組み合わせて、その閾値を越えるものを購入銘柄としてました。

そこにディープラーニングを組み合わせるとすると、どのテクニカル指標を組み合わせれば良いか?を解かせる・・とか、

テクニカル指標の閾値をディープラーニングで求める・・とか・・・・。

うーん、すでに機械学習時代からやられている方法なので、先は長そう・・・。

少なくとも、今の私に学習モデルの構築は無理そうだけど・・・。

 - 2018年(社会人14年), 機械学習, 投資, システムトレード, 調査結果, テクノロジー

  関連記事

イザナミのサンプル手法の検証(protraシストレ)

インターネット上にProtraのサンプルコードが見つかりません・・・。 そもそも …

アノマリー(曜日)の有効性検証(protraシストレ)

バックテスト環境を構築できたら、検証したかった一つに「アノマリー」があります。 …

Java Appletで麻雀ゲームを実装することに挑戦するも・・

やばいぞ~!!    最近本当に何もしていない~!&nbsp …

じんぱち氏風グランビルの法則もどきの有効性検証(protraシストレ)

株のルールは単純なゲームです。 株が上がるのは、誰かが売りよりたくさん買ったから …

「あとどのくらいですか?終わりメーカー」作成

今年の「秋分の日」は116年ぶりに9月22日らしく自作の祝日判定プログラムにバグ …

学科オセロプログラム大会優勝するも自慢が過ぎて非難を浴びました・・

最近どうも体調がすぐれません。  間違い無く体力不足です。パソコンの前 …

本上武士氏の上昇トレンド型の株システムトレード検証(システムトレード)

台風の日から一週間ずっと左目が痛いです。赤く腫れて痒みがあります。 10年ぶりに …

サラリーマンは安泰?誰に仕事を奪われのか?

年収が同期の中でも底辺です・・・ 同期がどれだけ出世しているのか概算しました。 …

NW-X1060のフォルダ再生が公式対応された

2010年02月28日(日) NW-X1060フォルダ再生対応 昨年「MP3のタ …

Javaアプレットでテーブルゲームを作りたい

CGIは面白くない。    日々チビチビ作っても、サンプルが …