ねほり.com

何もないから何かみつかる

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

      2018/12/19

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦です。

Kerasは、TensorFlowのラッパークラスだけどAIライブラリの中で一番簡単です。

ということでディープラーニングを学ぶために、Kerasを使って少しずつ学習を進めています。

今回は株の利益を計算してみます。

で、LSTMによる 正解率は?

test

よく見ると、「AIの予測値」と「実際の株価」が一日ズレて表示されているようです。

要するに後出しジャンケンです。

LSTMは「一つ手前のデータと、これまでのパターンから次の値を予測する」ことをやってます。

実はこの場合、ただ単に一つ手前のデータをコピーして返しているだけなので株価予測には使えません。

試しに、株価の上下動が当たる確率を計算してみましょう。

どうやって計算すれば良いのか?

悩みましたが、ネットでサンプルコードを発見し改造しました。

np.sign(x)は、配列xの符号を求めます。

要するに、翌日の上げ下げ予測が正しいか否かを正解率としています。

株価の上下動が当たる確率

結果は

accuracy = 0.49

でした。

つまり成果率は49%です。

で、次は?

何をもって正解とするか・・・それが難しい。

0814

たとえば、このチャートでの正解ってどこよ?

今までのテクニカル分析は、テクニカル指標を組み合わせて、その閾値を越えるものを購入銘柄としてました。

そこにディープラーニングを組み合わせるとすると、どのテクニカル指標を組み合わせれば良いか?を解かせる・・とか、

テクニカル指標の閾値をディープラーニングで求める・・とか・・・・。

うーん、すでに機械学習時代からやられている方法なので、先は長そう・・・。

少なくとも、今の私に学習モデルの構築は無理そうだけど・・・。

 - 2018年(社会人14年), 投資, システムトレード, テクノロジー, 調査結果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

加藤浩一氏の手法(BB&RSI)の有効性検証(protraシストレ)

チームに分かれて3ヶ月かけて検討したマネージャとガチンコ勝負の「社内コンペ」が終 …

うねり取り手法の銘柄選び(Python、Protra利用)

東京駅で2人の私服警官がいきなり出てきて、警察手帳を見せられた後、職務質問されま …

アノマリー(曜日)の有効性検証(protraシストレ)

バックテスト環境を構築できたら、検証したかった一つに「アノマリー」があります。 …

「手品 種明かし」「簡単なハッキング」で訪問する客が多い

悲しいとき~(悲しいとき~) goo国語辞書で必要な熟語が見つからなかったのに …

株で100万円が藻くずに・・・見ろ!株がゴミのようだ

2006年05月17日(水) ふはは!株がゴミのようだ 株価がワヤです。 &nb …

Kerasを使ったMatplotlibのグラフ整形と日本語表示(ディープラーニング)

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦 …

三兵三羽崩れの有効性検証(protraシストレ)

バックテストの重要性は10年前から分かっていましたが、最近読んで再認識させられた …

情報革命とバイオ革命の融合「バイオ・インフォメーション・エイジ」

March 4, 2005 すでに、コンピューター業界もバイオを新たな成長分野に …

ワイングラスはボウルを持つのが正解!は嘘っぱち? 2/4

これまでのあらすじ。 世界の常識 How to Hold a Wineglass …

前日比-10%投資法の有効性検証(protraシストレ)

システムトレード可能なバックテスト環境という「聖杯」を手に入れた。と喜んでいまし …