ねほり.com

何もないから何かみつかる

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

      2018/12/19

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦です。

Kerasは、TensorFlowのラッパークラスだけどAIライブラリの中で一番簡単です。

ということでディープラーニングを学ぶために、Kerasを使って少しずつ学習を進めています。

今回は株の利益を計算してみます。

で、LSTMによる 正解率は?

test

よく見ると、「AIの予測値」と「実際の株価」が一日ズレて表示されているようです。

要するに後出しジャンケンです。

LSTMは「一つ手前のデータと、これまでのパターンから次の値を予測する」ことをやってます。

実はこの場合、ただ単に一つ手前のデータをコピーして返しているだけなので株価予測には使えません。

試しに、株価の上下動が当たる確率を計算してみましょう。

どうやって計算すれば良いのか?

悩みましたが、ネットでサンプルコードを発見し改造しました。

np.sign(x)は、配列xの符号を求めます。

要するに、翌日の上げ下げ予測が正しいか否かを正解率としています。

株価の上下動が当たる確率

結果は

accuracy = 0.49

でした。

つまり成果率は49%です。

で、次は?

何をもって正解とするか・・・それが難しい。

0814

たとえば、このチャートでの正解ってどこよ?

今までのテクニカル分析は、テクニカル指標を組み合わせて、その閾値を越えるものを購入銘柄としてました。

そこにディープラーニングを組み合わせるとすると、どのテクニカル指標を組み合わせれば良いか?を解かせる・・とか、

テクニカル指標の閾値をディープラーニングで求める・・とか・・・・。

うーん、すでに機械学習時代からやられている方法なので、先は長そう・・・。

少なくとも、今の私に学習モデルの構築は無理そうだけど・・・。

 - 2018年(社会人14年), 投資, システムトレード, テクノロジー, 調査結果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Which holding a wine glass is better, by stem or by bowl?

Most all of Japanese understand that hol …

相場師朗氏の「くちばし」「パンパカパン」の有効性検証(protraシストレ)

相場師朗(本名:根本英弘)氏は、早稲田大学卒、元外資系銀行で為替のディーラーです …

個人的に広島一美味しいラーメン調査(MONGOI・我馬・骨々亭)

美味しいラーメン屋を探して・・・市内を廻ってみたものの・・・  &nb …

おみくじの順序を調べてみた

January 15, 2005 探偵ファイルがよく調べずに、「おみくじ」の順序 …

人工知能で「くずし字」の文字認識の現状調査

日本人の多くは、日本人が150年前の文書が読めません。 家系図調査は「除籍謄本」 …

7番まであるグリーングリーンの本当の真実

誰もが一度は聞いたことがある日本の国民的ソングとして定着している曲「グリーングリ …

線形近似を実装して求めた優良株

2007年12月25日(火) 私の資金じゃ買えませんが・・・ 「女性なんて星の数 …

ゲームの脱衣麻雀でイカサマゲームのアルゴリズムを調査

試験中にコンピュータを立ち上げてはいけない!  ゲームを必ずやってしま …

4点チャージ投資法の有効性検証(protraシストレ)

3点チャージ投資法というのは下落相場において、多くの銘柄に売買サインが出ます。 …

ワイングラスはボウルを持つのが正解!は嘘っぱち? 3/4

これまでのあらすじ。 国際的に見ると公式な晩餐会マナーとしては、ボウル部分を持つ …