ねほり.com

何もないから何かみつかる

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

      2018/12/19

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦です。

Kerasは、TensorFlowのラッパークラスだけどAIライブラリの中で一番簡単です。

ということでディープラーニングを学ぶために、Kerasを使って少しずつ学習を進めています。

今回は株の利益を計算してみます。

で、LSTMによる 正解率は?

test

よく見ると、「AIの予測値」と「実際の株価」が一日ズレて表示されているようです。

要するに後出しジャンケンです。

LSTMは「一つ手前のデータと、これまでのパターンから次の値を予測する」ことをやってます。

実はこの場合、ただ単に一つ手前のデータをコピーして返しているだけなので株価予測には使えません。

試しに、株価の上下動が当たる確率を計算してみましょう。

どうやって計算すれば良いのか?

悩みましたが、ネットでサンプルコードを発見し改造しました。

np.sign(x)は、配列xの符号を求めます。

要するに、翌日の上げ下げ予測が正しいか否かを正解率としています。

株価の上下動が当たる確率

結果は

accuracy = 0.49

でした。

つまり成果率は49%です。

で、次は?

何をもって正解とするか・・・それが難しい。

0814

たとえば、このチャートでの正解ってどこよ?

今までのテクニカル分析は、テクニカル指標を組み合わせて、その閾値を越えるものを購入銘柄としてました。

そこにディープラーニングを組み合わせるとすると、どのテクニカル指標を組み合わせれば良いか?を解かせる・・とか、

テクニカル指標の閾値をディープラーニングで求める・・とか・・・・。

うーん、すでに機械学習時代からやられている方法なので、先は長そう・・・。

少なくとも、今の私に学習モデルの構築は無理そうだけど・・・。

 - 2018年(社会人14年), 投資, システムトレード, テクノロジー, 調査結果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Yahoo!Japanから直リンクされてPV増加

毎日、毎日、線形…線形…。    ぐはぁ!ちっとも分かんね~ …

タイドプールでタコ捕り&磯遊び(千葉県・かなや編)

千葉市内に最も近く磯遊びができる場所に「金谷」があります。 と言っても富津市なの …

7番まであるグリーングリーンの本当の真実

誰もが一度は聞いたことがある日本の国民的ソングとして定着している曲「グリーングリ …

GP01で980円のOCN d LTE 980を使う

490円で100kpsのパケット代定額「DTI SIM 3G 100」と一緒に、 …

就職一ヶ月後の一人暮らし。テレビもネットもないと病んでくる

April 28, 2005 早速、風邪を引きました・・・ 熱があります。体温計 …

常時SSL(https)化に苦戦しながらも対応

2018年7月にGoogle Chromeの新しいバージョン「Chrome 68 …

KerasのFunctional API Modelの構造を理解する(ディープラーニング)

Kerasには2通りのModelの書き方があります。 Sequencial Mo …

線形近似を実装して求めた優良株

2007年12月25日(火) 私の資金じゃ買えませんが・・・ 「女性なんて星の数 …

炊飯器と麺棒で家庭で餅つき体験

子供の頃、祖母の家には臼(うす)と杵(きね)があり、正月には餅つきをしていた。 …

テレビを捨てた放送局、テレビを捨てた家電メーカー

「テレビの視聴者離れが進み、ネットコンテンツが充実し、テレビはオワコン」 と、よ …