Protra使い方発展編(年毎の勝率、最大DD、PFを表示する)

スポンサーリンク

はっきり言って、私のサイトで「システムトレードの記事」が全く人気がありません。

ここから、多くの投資家が「システムトレードは勝てない」と考えているのでしょう。

さらに「protra」というツール使ったシステムトレードを検討している人なんて、日本に100人程度しかいないと思ってます。

そもそも「テクニカル指標をこねくり回して勝てる手法を見つける」というやり方自体が10年前の流行です。

「日足を使った翌日の寄付きでの売買」なんて、もはや化石

 

 

じゃぁ、なぜやっているのか・・・って?

 

 

まだ、そこに未来があると信じているからです。

 

 

昨年、外資系ファンドに転職した先輩がいます。

彼は、10億トレーダー達の英知を学びつつ最先端の自動売買研究をしています。

私との給料の年収は10倍違います。

 

英知の一つでも拝借しようかと思い、私の行っているシステムトレードの内容を伝えたところ、ありがたいことにメールの返信を頂きました。

 

テクニカル指標を使うのは、機械学習アプローチならわりとメジャーなやり方だと思っています。
日々変化するものはそれくらいしかないですから。

ただ、やったらわかりますけど世の中甘くないです。

あと君の場合だと、休みの日の労力をこれに使うよりも、会社で昇進できるように全力を尽くした方がリターンがよいと思いますけどね。

 

 

はい終了。

・・・3年の歳月を費やしているのです・・・。サンクコストの呪縛。

スポンサーリンク

年毎の勝率、最大DD、PFを表示する

以前、「Protra使い方発展編(年毎の取引回数と総合利益を表示する)」という記事を公開しました。

Protra信者の中には、喜んで下さった方々がいました。

で、イザナミを見てみると、年毎の勝率、最大ドローダウン、プロフィットファクターなどが表示されており、欲しくなったのでProtraを修正しました。

修正したソースコード

組み込み関数等を調査する必要もなく、以前の実装に少し追加するだけで実現可能です。

実際の画面はこんな感じです。

年度別で細かい値を気にするようになってきたということは、勝率やPFの高い手法が見つかり始めた証拠かも知れません。

てか、イザナミだと「株システムトレードストラテジー通販サイト」があるっぽいし、3年間 私は一体何をしているのでしょうか・・・。

タイトルとURLをコピーしました