日記は過去の過ち、栄光、思い出をリマインドしてくれる

スポンサーリンク

日記をつけることは良いことであろう。
 
現在Webサイトでも人気のページは日記などで赤裸々に暴露したページである。
 

 
私は別に暴露日記よりも、その時思っていた感情をつづり、
 
気持ちや感情の変化を読みなおす為に書いている。
 

 

したがって、特に他の人には有益な情報はそんなに無いので、
 
私はトップにリンクは貼っていない。(今後は未知)
 

 
成長の過程と言うものは誰しも大事にする訳ではないが、
 
「自分が成長した」と感じるためにも、日記をつけることは
 
良いことではないだろうか。
 

 
本当は自分の手で、ペンを持ち書くことが望ましいが、
 
そこは時代の流れと言うことで勘弁願いたい…。
 

 

小学校1,2年程度の文集から現在にいたるまでの文集が未だ手元に
 
残っている。
 
読み直せば、確かに恥ずかしいほどのベタ文章ばかりである。
 
(今だって、そうだろうが…)
 

 
例えば、読書感想文の場合は、
 

 
「○○は○○○だと言っていました。だけど僕は違うと思います。」
 

 
の様に1行ずつに感想を述べている。
 

 
しかし、これこそ本音なのかもしれない。現在は文章も本音で書くことは
 
無くなってきた…
 
社会と言う嘘の波の中、人格が形成されていったせいであろうが、
 
悲しい限りである。
 

 
さてさて、今年ももうすぐおしまい。
 
来年はどのような時代が待っているのだろう。
 

タイトルとURLをコピーしました