ねほり.com

何もないから何かみつかる

部屋の大掃除で書籍や塾のテキスト・ノートを大量に捨てる

      2019/01/06

ひさーしぶりに自分の部屋の大掃除を試みた。
 
私の部屋は自慢じゃないが汚い。
 

 
なぜ汚いか?理由は簡単。
 
「小学生からの教科書ノートを保持しているため
 
収納場所が無くなってしまっている」からである。
 

 
よく、「家にあった!あった。」なんて耳にするが、
 
大抵の場合、実際に探してみると見つからない場合が多い。
 
理由は簡単。誰かが捨ててしまっているからである。
 

 
しかしながら、私は自分で保管しているため、何が何処にあるか
 
今だ記憶している。
 

 
今回は、多くの書類、本を捨てることにした。
 
まずは、塾のテキスト、ノート一式全て。
 

お次は、問題集、月刊誌、小説…
 

 
約4分の1は私の部屋からゴミとして消えて行ったのではないだろうか。
 
しかしながら、今まで保管していたのに捨てるに至ったか?
 

 
理由として挙げると、
 
第一に、大学の教科書や参考書の増加で格納できない。
 
第二に、年が上がるにつれて思い出らしい物が特にない。
 
第三に、ネット上を探したり、書店を探せば普通に手に入る
 

 

などである。
 
確かにインターネットはとても役には立つが、思い出は作れない。
 
色が黄ばんだ書類や、昔一生懸命書いた感想文、
 
落書きだらけの教科書、マーカーだらけのノートなど…
 
今まで私が大切に保管していたものは、年とともに、記憶とともに
 
セピア色になっていく。
 

 
しかしながら、電子書類はどうであろうか?
 
懐かしく見直すことも無く、劣化も無く、
 

何より思い出として記憶に残ることは無い。
 
文章も何年後でも簡単に変更でき、
 
必要とあればそのままの形で幾らでもコピーが可能だ。
 

 
コンピュータの発展は、同時に人間の思い出を消し去ってしまっている。
 
そして、全てが電子化されたとき、我々の心の中に残るものは
 
虚無感だけだろう。
 

 
今回の一言
 

 

便利な世の中とは、同時に自分の記憶を忘れるのに便利な世の中でもある…
 

 - 2001年(大学3年), 随筆

  関連記事

広島そごうの催し物で日雇い(浅草雷門の「雷おこし」を売る)

「へい、いらっしゃい。よっ!そこの奥さん!」 って、正月そうそう何をやっているの …

東京大学「へら鮒釣り-日本独自のスポーツ・フィッシング」開講

東京大学では「へら鮒釣り-日本独自のスポーツ・フィッシング」という ゼミ(1単位 …

国公立二次試験の応援前飲みで75度以上のラム酒

頭が痛い…風邪を引いた…  2日前日雇いで雨に打たれてTシャツで搬出入 …

「センター試験」応援として河合塾のチューターで前飲み、結果:リバース(1/2)

明日は大学受験最初の難関「センター試験」である。 我々河合塾のチューター一同は、 …

Windowsのパソコンにパーティションを分けてLinuxを入れてC言語学習を試みる

徒然なるままに日暮らし…  結局、何も変わらぬ日々。  「イ …

釣りに行って思うこと「少し魚が臭い」

釣りに行きました。昨日も行きました。楽しかったです。 釣りは完全に趣味の一つとし …

色彩について「カラスが黒いと誰が決めた?」

数年前、キヤノンのカラープリンターのCMで、「カラスが黒いと誰が決めた?」 と問 …

広島平和公園で8月6日「インターネット灯籠ながし」ボランティア

恥ずかしいことだが、広島に住んでこのかた、一度も灯篭流しを  見たこと …

学科オセロプログラム大会優勝するも自慢が過ぎて非難を浴びました・・

最近どうも体調がすぐれません。  間違い無く体力不足です。パソコンの前 …

「知的障害」を装って計画的犯行(現行の刑法の抜け穴)

「Linux」を四苦八苦して取り合えず入れてみた。  その間世間では大 …