ネットを通じた同期同士の試験・レポート前の交流に充実感

スポンサーリンク

自分が「大学生」であることを感じるのはどのような時だろうか?
 
私が、最も「大学生」であることを感じるのは、
 
「レポート」や「試験」で徹夜の日々が続く時である。
 

 
他の人がどう感じるかは別として、私はこの一種の「苦しみ」
 

に非常に「大学生」であることを体感している。
 

 
今までと大学生の違いは、
 
「大学生には無理が利く」
 
「苦しみを『共感』し合う同士が大勢いる」
 
と言う点である。
 

 
同士から電話が掛かってくる。
 
「やべー!出来てねーよ。」
 

 

ネットの掲示板で深夜励まし合いとなる。
 
「みんな~、寝るな~!徹夜だ~。」
 
「この問題はこれでどうなん?」
 

 
過去問を貰いに、深夜車をぶっとばす。
 
「今から40分後過去問貰いに行くわ~。」
 

 
24時間営業の飲食店で徹夜で集まり会
 
「今24:00だけど、出てこいや~。」
 

 

上記の内容は、決して今まで、そしてこれからも体感出来ない
 
「苦しみ」では無いだろうか。
 

 
夢を共にする同士がいる。小さな目標が大きな絆となる。
 

 
大学生以外では決して感じることの出来ない大学生の「機動性」。
 
理系以外では決して感じることの出来ない大学生の「苦しみの共感」。
 
情報系以外では決して感じることの出来ない「ネット上での連結性」。
 

 
私はこの様な生活が好きである。
 

タイトルとURLをコピーしました