広島そごうの催し物で日雇い(浅草雷門の「雷おこし」を売る)

スポンサーリンク

「へい、いらっしゃい。よっ!そこの奥さん!」

って、正月そうそう何をやっているのだろう…?
 
知人に唆されて、始めての客商売中。

金銭トラブルが嫌いなのと給料安いので、
 
日雇いは販売には手を出さなかったのだが…
 

なぜか浅草雷門の「雷おこし」売ってる~!

最初はラーメン屋のウェイターだったのに~、
 
人事移動ってやつですか?

指示を受けた方向はイヤーな店が並んでいる方向では…

いや、昨日はこの会場準備したもんですから。
 
そこにある「垂れ幕」も、アッシが打ちつけたモンですわ。

いや~な、店ってのは「老舗」の客が別に買って行きそうも無い店
 
あれでも「生もの」や「アイスクリーム」なんかは売れるのだけどねェ。

指示を受けた店は浅草の「雷おこし」を売っている店
 
いや~、「定食」と「釜飯」も扱っていたから良かったぁ!

って、客が入ってきているのに準備はまだかい(怒)!
 
何?主人が来ていない?何を考えているんだ!って…ブッ!

小太りの相方…あんた、
 
ダチョウ倶楽部の「上島竜兵」だろう!!

声も仕草もそっくり!って狙っていないか!オイ!
 
っと、横の老舗の女将…

ブッ、「研ナオコ」だろう!あんた!

悔い惜しいや…「意識していますか?」って聞けば良かった…
 
 

そうこうしていて、やっと主人登場!

仕事は、まあそこの「雷おこし」と「五家宝」を売りゃあ良い訳だ。
 
な~んも店の良さや、自慢も教えてくれないので、勝手に呼びこみ…

「浅草雷門名物!『雷おこし』と『五家宝』!美味いよ~
 
この『雷おこし』1つで買ったら400円のところを3つ買えば1000円ポッキリ!
 
『五家宝』だって負けちゃーいない。
 
1つ600円の所を2つ買ったなら1000円にまけちゃう!」

客:「あの~『五家宝』は横浜名物とは違うのかぇ??」

いるんだよねぇ。こう言う客。俺が知るかっての。

客:「『粟おこし』とは何が違うのかのォ…?」

…だから、老舗の茶菓子系等は五月蝿い年寄りばかりで
 
イヤだって言うんだ~!!

「ちょっと、マスタ~!バトンタッチして下さいよォ~」
 
ってオイ

この店の主人、若いねーちゃんと、商品売らず
 

油売ってる~!!

 
 

その後、マスターの知り合いのような女性が店に来た。

女性「あー、久しぶり!これ買っていくよ?いくら?」

マスター「いいって、いいって金なんて、持って行き〜!」

女性が手に持っていたのは、シラウオがたんまり乗った陶器の小さな釜に入った釜飯だった。

女性「えー、それじゃ悪いって(汗」

女性「とりあえず、あなたお金受け取って。」

えっ?私?マスターどっか行っちゃったし・・・。

 

私「マスター、さっきの女性から500円受け取りました。」

マスター「あの釜飯、1200円なんだけどな・・・

 
 

知らねーよ。

お前が無料って言ったんだろ!

そして女性は500円の価値しかないと思ったんだろ!

 
 

結局今日1日の売上「6000円…」
 
あんたら、ホントに生活
出来ているのか!?
 

タイトルとURLをコピーしました