台湾・ 新竹県竹北市にある「黄金海岸活蝦之家餐庁」

スポンサーリンク

今年は台湾に8,9回ぐらい出張で行きました。

場所は台北ではなく新竹です。

IT関連の工場や企業が集中しているため「台湾のシリコンバレー」と呼ばれており、多くの日本人ビジネスマンも見かけます。
 

ただ、出張時は深夜まで会議が続き半徹夜状態なので、観光はもちろん何を食べたかも覚えていません。

 

 

新竹では21時を超えると食事のできるお店が空いていません。
 

ですが、新竹県竹北市に「黄金海岸活蝦之家餐庁」という蝦蟹料理のお店があります。

この店は夜0:00まで開いてます。つまり23:30頃までに来れば夕飯を食べる事ができます。

台鉄竹北駅からならば タクシーで約10分、200元程度です。

「Sheraton Hsinchu(シェラトン新竹)」からは徒歩10分程度で行くことができます。

 

 

名物の食材は「泰國蝦:オニテナガエビ (淡水長臂大蝦)」です。

日本のテナガエビとは異なり体長28cm程度になる淡水産の大型種です。

タイ、マレーシアなどの東南アジアが原産で、台湾、中国などでも移入され、食用に養殖されています。

また、台湾では室内釣り堀などでも人気の海老です。

 

日本人のブログを見ると人気のお店のようで「美味」「酒に合う」などポジティブに書かれています。

有名なお店で値段もまぁまぁ高いので、マネージャレベルの会食でも時々使われます。

個人的には

  • 店内が屋台で食べているような印象
  • お皿やビールやご飯はセルフサービス
  • 剥く時に手が汚れる
  • 塩・故障辛いので高血圧が気になる
  • ガーリック臭が体・服に染み込む

という事もあり、あまり好きではありません。

私は「海老」を食べる時は箸と歯を使います。決して手で触って食べないです。

とは言え、この店以外の有名どころだと深夜は「火鍋」屋しか開いてなく、ありがたく使っています。

 

メニューは日本語でも英語でも書かれています。

 
 

料理を幾つか紹介します。
 

空芯菜 200元

みんな大好き空芯菜。

 

檸檬蝦(レモン海老) 780元


 
 

レモンとエビの組合せに疑問を持つ人もいるかと思いますが、さっぱりとしたレモンの風味に塩がよく効いていて、美味しいです。

味は多少濃いですが、他の料理の中では一番優しい味です。

 
 

胡椒蝦(胡椒海老) 780元

ここの名物料理「壺エビ」です。

エビと胡椒を入れて壺で焼いたもので、胡椒・ガーリックが非常に効いており、酒飲みにはたまらない味かと思います。

ただし故障が効き過ぎで辛いと思う人もいるかと思います。

また、見た目が悪い・・・。

 

黃金豬助排(豚のスペアリブ焼き) 700元

身がしっかりついており甘辛ダレで美味しいです。

 
 

 
 

檸檬田雞(レモン食用カエル) 650元

カエルです。

カエルのフライは「鶏肉みたいな味」とよく言われますが、鶏肉ではないですね。

 
 

どっちかというと、冷凍ウマズラハギの鍋物・・・のような蛋白で肉厚を感じる味でした。

他の料理が辛いので、抵抗が無ければホッとする味です。

 
 

その他、バイ貝や蟹もあります。

メニューは多くありません。

アクセス情報

新竹黃金海岸活蝦之家餐廳(サイト
時間 15:00〜24:00
電話 03 550 9966
住所 新竹縣竹北市福興東路一段228號

タイトルとURLをコピーしました