ねほり.com

何もないから何かみつかる

タートルズ投資手法の有効性検証(protraシストレ)

      2019/06/24

ウォール街で4年半の間に数百億円を稼ぎ、伝説的存在だった投資家集団「タートルズ」。

投資・相場の世界で成功を志す者なら、1度は「タートルズ」という言葉を聞いた事があるでしょう。

彼らは、プロの投資家による指導により、

素人がトレーダーになれるかどうか?

という実験の結果生まれたトレーダー集団でした。

「タートルズ投資」とは何か?

1983年と1984年の2回、次のような新聞広告が掲載されました。

■■■業務拡大につき人材募集■■■
(400ドルを2億ドルに増やした)独自のトレーディング手法を教えます。投資経験は不問です。

この新聞広告を見て、どれほどの人が「チャンスだ!」と考えるでしょう?

「そもそも、こんな都合のいい話があるわけがない、きっと「裏」があって騙されるのではないか!」

マトモな思考の持ち主であれば、こんな風に考えたかもしれません。

確かに「裏」はありました。

それは2人のカリスマトレーダーの賭けではじまったマーケットの常識を覆す奇抜な人体実験だったのです。

  • シカゴ最強のトレーダー「リチャード・デニス(Richard J. Dennis)」
  • 数理論理学の専門家「ウィリアム・エックハート(William Eckhardt)」

彼ら二人は10年にも渡る議論に決着をつけるべく、このような計画を実行に移すことにしました。

1000人を超える応募者が殺到し、最初に採用されたのは次のような13人です。

  • 有名RPGゲーム「ダンジョン & ドラゴンズ」の編集者
  • シカゴ大学の言語学博士号を持つ人物
  • カーギル社 (米国最大級の穀物企業) のトレーダー
  • トレーディング経験のある人物(数名)
  • 会計士
  • ブラックジャックとバックギャモンのプロギャンブラー

総勢13名 (男性11名・女性2名)
※大半が30代で、20代半ばが2名、19歳が1名

応募者が殺到したため、第一級の知力を持つ人物を選びました。

1984年の2回目に、更に10人のトレーダーを追加し、今でも伝説として残る合計23名のトレーダーの誕生です。

彼らは「亀の養殖と同じ方法でトレーダーを育成できるかどうか?」という概念より「タートルズ」と呼ばれました。

講習内容と、その結果

具体的な実験方法は次のようになります。

  • 2週間の講習(2年目は1週間の講習)
  • 少額の口座でトレーディング実習
  • 100万ドルの口座の運用(トレーディング実習で実績を上げた者のみ)

まず、タートルたちは、債券、通貨、トウモロコシ、原油などあらゆる市場で取引するために必要な知識を、2週間で教え込まれます。

その後、100万ドルの口座の運用する者を選定しました。

結果、トレーダー達の平均資産は軽く25%以上増え、普通の人でも優秀なトレーダーに育てることができるということが証明されました。

全員が利益をあげたわけではない

実は、利益を出せない落ちこぼれメンバーも存在しまます。

落ちこぼれメンバーの弁明(説明)も残っています。

 

  • 始まったばっかりの実習で失敗するのが嫌だった
  • 2月限の灯油があと数週間で期日を迎えることを危惧した
  • 単に、もっと保守的なトレードスタイルを好んだ」
  • リスクが高すぎると思った
  • 相場の上がり具合が速すぎると思った
  • 期日まであと数日しかない相場では値動きも終わりだと思った

最高の成績を誇ったメンバーと最低の成績を残したメンバーの違いは、知識とは関係なく、感情的・心理的要因でした。

当時、もっとも有名なトレーダーに教わった、優秀な人達であってもこうなります。

タートルズ投資手法の有効性検証

タートルズ投資とは、持続的なモメンタムを重視したトレンドフォロー戦略です。

エントリーする際は、2種類の異なる方法が用いられました。

【買いルール】

1) 過去55日間の高値を更新した

【手仕舞いルール】

1) 過去20日間の安値を更新

【増し玉(ピラミッディング)のルール】

※オリジナルと多少異なります

1) +5%でポジションを追加
2) 10%で直近のポジションをロスカットする

ソースコード

手法を調べて過去の実装履歴を見て理解しましたが、実は既に「Protraサンプル(Breakout)の有効性検証」で確認済です。

多少修正しました。

バックテスト結果

利益曲線は次の通り。

まとめ

PFは1.51と優位性は見られましたが、勝率21.11%で、精神的に耐えるのはタートル達ではありませんが、厳しそうです。

そして、システムトレードの売買ルールは陳腐化していく事の証明ともなっています。

 - 2019年(社会人15年), 投資, システムトレード

  関連記事

3日続落投資法の有効性検証(protraシストレ)

テクニカルトレードは聖杯でない・・・ と前回書いたけど、結局テクニカルトレードっ …

Protraの使い方応用編(同日の複数銘柄のシグナルからの買い選択)

今まで色々なテクニカル手法のバックテストを説明してきましたが、少し現実離れした売 …

自分の投資活動を見直すと何も得てない・・・

ライブドア・ショック、リーマン・ショック、大地震ショックで撤退を余儀なくされつつ …

はじめてのKerasを使った株価予測(ディープラーニング)

毎年年末年始やGWに技術学習・Webサイト構築してきたのに、今年は何もしていない …

Kerasを使って活性関数・目的関数・最適化手法をまとめる(ディープラーニング)

まだ・・・何も分かっておらず、ディープラーニングで利用されている関数の概要を調べ …

じんぱち氏風グランビルの法則もどきの有効性検証(protraシストレ)

株のルールは単純なゲームです。 株が上がるのは、誰かが売りよりたくさん買ったから …

うねり取り手法の概要を調査する

株式トレードは、いかに負けを少なくして利益を得るかを競うゲームだと考えています。 …

RCIの3本ライン表示方法(protraシストレ)

protraを使ったバックテストのソースコードばかり公開してますが、グラフ表示も …

BNF氏の手法の有効性検証(protraシストレ)

最近は人気のないProtraですが、基本的な機能は備わっており、今年になっても使 …

選択の達人になる方法

久々に株・投資信託の含み損益を確認した。株式「-699,011円」、投資信託「- …