ねほり.com

何もないから何かみつかる

Kerasを使ったMatplotlibのグラフ整形と日本語表示(ディープラーニング)

      2019/12/22

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦です。

Kerasは、TensorFlowのラッパークラスだけどAIライブラリの中で一番簡単です。

ということでディープラーニングを学ぶために、Kerasを使って少しずつ学習を進めています。

今回はディープラーニングではなくMatplotlibについて記載します。

Matplotlibの日本語化

Defaultでは日本語を利用すると豆腐(□)が表示されてしまいます。Windows上でも同じです。

test2

日本語フォントをインストールして文字化け解消してみます。

  • matplotlibの設定ファイルの場所を確認
  • 日本語に対応したフォントのダウンロード
  • matplotlibの設定ファイルをコピー&修正
  • フォントのキャッシュの削除

matplotlibの設定ファイルの場所を確認

matplotlibrcは、Matplotlibのデフォルトのグラフのスタイル(線やグリッドの種類・太さ・色など)を設定するファイルです。

日本語を利用するには、このファイルを修正する必要があるので、まずはファイル場所を確認します。

【結果】

日本語に対応したフォントのダウンロード

日本語フォントにはIPAフォントやTakaoフォントなどが使えますが、IPAフォントを紹介しているサイトが多いので、こちらを使います。

【ダウンロード先】

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ダウンロードして解凍すると、ipaexg.ttfというファイルがあります。

Windows上であればインストールしてしまうか、下記にコピーします。

matplotlibの設定ファイルをコピー&修正

最初に発見したmatplotlibrc次のファイルを、ユーザー設定のディレクトリにコピーします。

【格納先】

  • C:\Users\[user_name]\.matplotlib\
  • ファイルの実行フォルダなど

「matplotlibの設定ファイルの場所を確認」して、ファイルパスが変わっていれば成功です。

次に、コピーした「matplotlibrc」に次の記述を追加します。

フォントのキャッシュの削除

上記だけの修正だと、次のようなエラーが出ることがあります。

フォルトファイルが見つからないのが原因で、通常はフォントのキャッシュファイルが削除されていないためです。

実際に、警告の出ている箇所にprint文を入れると、IPAexGothicが存在していないことが分かります。

デフォルト設定ファイルの存在するフォルダ、そしてユーザ設定ファイルの存在するフォルダにある次のファイルを削除します。

  • fontList.cache
  • fontList.py3k.cache
  • fontList.json

他の銘柄でバックテストをやってみる

「軸名がない」「目盛りの単位がない」グラフは、グラフとして意味がないと大学研究室で学びました。

前回までのグラフのy軸は、単なる数字が並んでいるだけで個人的には意味があるとはいえません。

次のように書き換えてみます。

これでグラフを表示してみると、なかなか良いグラフが描けるようになりました。

test

今回は、ファーストリテイリング(9983)に対して、前回学習させたデータを適用しています。

これで、他の銘柄であっても学習モデルを適用できることも分かりました。

今回使ったコード

学習済データを利用してグラフを作成しています。

 - 2018年(社会人14年), 機械学習, 投資, システムトレード, 調査結果

  関連記事

各テクニカル指標の有効性検証(protraシストレ)

サラリーマンが投資するならFXより株をオススメします。 バリュー投資投資家は、F …

OmegaChartの使い方導入編(長期株価取得)

Protraはよくできたソフトだけど、本日の日付を使った売買戦略とか、ファンダメ …

本上武士氏の逆張り移動平均乖離率の有効性検証(システムトレード)

クワガタムシが死にました・・・。 台風の日に木を探して交換(それまでは既製品)し …

mplfinance を利用してロウソク足を手軽にプロット

マスクは未だ市場に流通していません。 そして近所の薬局に朝6:30に起きて行って …

三点チャージ法の複利・単利における有効性検証(システムトレード)

台風19号の被害で河川近くの住民は川の氾濫などが起きて大変な目にあった方もいたか …

Kaggle の Titanic Prediction Competition でクラス分類(XGBoost、LightGBM、CatBoost編)

機械学習に精通し適切にデータを分類できるだけではなく、膨大なデータから課題を発見 …

機械学習で株価予測(TA-LibとLightGBMを使った学習モデル構築)

以前、LSTMを使ってKerasで実現した学習モデルでは、「一つ手前のデータと、 …

過去傾向から考える親のための「読書感想文」の書き方・書かせ方(小学生低学年編)

読書感想文に対して「好きか?嫌いか?」と聞かれると、     …

cosisin氏の2日後の終値の-1Tickの逆指値有効性検証(システムトレード)

クリスマスイブです。 バックテスト結果が良かったので公開してませんでしたが、クリ …

RCIの3本ライン表示方法(protraシストレ)

protraを使ったバックテストのソースコードばかり公開してますが、グラフ表示も …