ねほり.com

何もないから何かみつかる

うねりチャート底値買い投資術(うねり取り手法:上岡正明氏編)

      2018/02/13

四季報に出ている日本の企業を見ると、サラリーマンの限界は800万円~1000万円です。

転職サイトの求人も、この給料が限界として提示されます。

役職でなく1200万円越えしたい場合は、テレビ局・広告業界除けば外資系ぐらいしか選択肢がありません。

  • ソニー就職(年収900万円)→日立転職(年収800万円)
  • 日本IBM転職(年収900万円)→デロイト転職(年収1000万円)

日本企業は転職しても給料は上がりません。

そうなると、家族にも頭が上がりません。

独自調査により、世帯収入で1500万円を越えるには、次の方法しかないという理解です。

  • ダブルインカム
  • 起業
  • 投資
  • スーパーサラリーマン

現在、投資の勉強を続けてますが、この先に未来があるの分かりません。

5月の連休から3ヶ月間かけてテクニカル指標や、うねり取り投資を調査しています。

で、この3ヶ月の利益は、

-8万円

です・・・。

なにも得てない・・・。

うねり取り投資とは?

おさらいです。プロも使う投資手法は、次の3つです。

  • うねり取り手法
  • さや取り手法
  • つなぎ手法

「うねり取り」で大事なのは「分割売買」「銘柄の絞り込み」です。

チャートを見てうねりの底値で買うことを心掛け、それを「分割売買」で買います。

昭和、平成に書かれた書籍全てに共通する内容でした。

ただし違うのは、利用するツール、分割タイミング、分割数、うねりの定義です。

今回は上岡正明氏の手法を取り上げます。

上岡正明氏のうねり取り手法

上岡正明氏は現役の起業家で、アベノミクスの恩恵もあり株で1億円稼いだ方です。

書籍の中身は最近の「How to本」的な書き方なので、数時間で読み終える事が可能です。

上岡氏の売買履歴も掲載されており、実践的な内容となっています。

必要と書かれている技術は次の4つです。言い方は違えど、古典のうねり取り手法と一緒です。

  • 1) うねりチャート底値買い
  • 2) 分割売買
  • 3) 銘柄をロックオン
  • 4) 3つのスキルの組み合わせ

具体的な中身は?

古典の手法より簡単です。

  • 1) ボックス相場でうねりとなっている銘柄(推奨22銘柄も掲載されてます)を探す
  • 2) なるべく下層のボックス相場圏に放置された銘柄を選ぶ(下がっても精神的な負担が少なく、上昇率が高いため)。
  • 3) 分割購入タイミングは3カ月か半年を置く(上限4分割。1、2、1、2)

matu1

グラフを手書きしたり、波動を読むなどの事前準備は多くありません。

酒田五法や、ローソクチャートの見方を覚える等の知識も不要です。

その他の格言は次の通りです。

  • 分割購入の上限は4分割。1、2、1、2
  • 最後の2を突っ込む前に3日間瞑想しろ
  • 休むも相場、相場は逃げない。動かないともったいないと欲を出すな
  • 常に動いていたら必ず負ける
  • 新興市場に手を出すな、欲を出すな
  • 空売り比率30%以上、暴落レシオ80以下から、最初の1の買い出勤
  • トータルで8%~12%、最大でも15%ぐらいの上昇率になったら売る
  • 未来は予測するものではなく、準備して待つ
  • 小さな暴落は年に1度、暴落は3年に1度、大暴落は10年に一度を忘れずに相場に挑む

上岡氏が考える分割売買

株で継続的に勝つためには、市場がもつ不確実性をかぎりなく排除する必要があります。

この分割売買は9割の上級者がおこなっている投資の基本で、2つの感情(欲望と恐怖)を、技術によって同時にコントロールします。

分割売買の方法は、ここぞというチャンスで一度に買わずに、あらかじめ資金を分割するだけです。

技術が安定していないうちは、買いを入れるのが早くなりがちです。

お互いの打ち手が、くっつき過ぎた悪い手にならないように気をつけましょう。

くっつき過ぎだと分割してもリスク回避になりませんし、なにより下落したときに大きな損失になってしまいます。

上岡氏の考えるつなぎ手法

プロの相場師も先々の動きは読めません。

相場を読み間違えてもプロは次のように返答します。

「あれね、はずれちゃったよ。だから、つなぎの売りを入れておいた。今はそっちの利益が乗って大きいの」

当たるか外れるか、その二択しかなければ、勝率はつねに半々です。

それ以上にも、それ以下にもなりません。つまりギャンブルと同じです。

株の上級者やプロは、当たろうが外れようが、つねに勝てる状況を作り出します。それが最強の必勝カードとのことです。

上岡氏の考える手仕舞い

売りは一括でよいです。

売りそびれて、現金化できないことほど後悔すべき(次の下落で買い出勤できないため)で、あとの上昇で後悔する必要はありません。

その他のポイント

チャートは政治、経済、企業の財務面ばかりを反映しているように見えて、実は投資家の心理状況をありありと描いています。

日週月足は、次のように着目します。

月足・・・企業業績や政府の政策を反映
週足・・・心理と業績の両方を反映
日足・・・企業の業績よりも、投資家の心理が色濃く反映

また、次の指標にも注意します。

  • チャート(ローソクチャート)
  • 上昇トレンド
  • 下落トレンド
  • うねりと循環
  • ボックス相場とサポートライン、レジスタンスライン
  • 暴落レシオ

暴落レシオは、次の計算式で求められます。

25日間の値上がり銘柄数の合計÷25日間の値下がり銘柄数の合計×100

計算で出た数字の単位は%で、これが120%を超えると「買われすぎ」となり高値警戒、70%を切ると「売られすぎ」と判断し買いのチャンスと捉えます。

※ システムトレードツールprotraでは、基本的に複数の銘柄を同時に扱うシステムを記述できません。そのため、TIlibは複数の銘柄から計算する指標を提供していません。

感想

2006年頃に出版されて読んでいれば、今の人生違ったかもしれません・・・。

と、思うと同時に売買履歴には疑問が残ります。

楽天証券の売買履歴を掲載した・・・と記載されてますが、売却履歴になっており、銘柄の購入日が掲載されてないです。

購入額は掲載されてますが、これでは肝心のうねり取りの分析ができないです。

とはいえ、概念としては、うねり取り手法の中では一番手軽なやり方です。

 - 2017年(社会人13年), 投資, うねり取り手法

  関連記事

三点チャージ法の複利・単利における有効性検証(システムトレード)

台風19号の被害で河川近くの住民は川の氾濫などが起きて大変な目にあった方もいたか …

gorotanhccat氏の売りデイトレ戦略の有効性検証(システムトレード)

本日、誕生日です。 何もしてませんが、会社を休みました。 早く不老不死と若返りの …

最大ドローダウン(時価)を計算してみる(システムトレード)

【前回のあらすじ】 おっす!オラ悟空! みんなはドローダウン(時価)って知ってっ …

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦 …

MM手法(BB、RSI、ADX、MACD)の有効性検証(protraシストレ)

少し複雑な投資手法のバックテストにチャレンジしてみます。 MM法 増田正美氏が考 …

cosisin氏の乖離率スイング戦略+騰落レシオの有効性検証(システムトレード)

大型台風 15号(ファクサイ)が猛威を奮い、10時頃に改札口まで行くと電車が15 …

じんぱち氏風グランビルの法則もどきの有効性検証(protraシストレ)

株のルールは単純なゲームです。 株が上がるのは、誰かが売りよりたくさん買ったから …

トレシズ氏の移動平均乖離率(出来高)の有効性検証(2/2)(システムトレード)

前回、トレシズ氏の移動平均乖離率(出来高)を「TIlib.pt」で実現しました。 …

伊勢丹の株主優待届いてもお金がないから意味ない!

2007年07月03日(火) オーシャンパシフィックピース 一分の価値を知るには …

Protra使い方発展編(ボリンジャーバンドを3/-3σまで表示する)

テクニカル分析には、テクニカル指標を活用します。 分析手法 分析法の概要 テクニ …