アメリカは黄色電球で暗い部屋好き?

スポンサーリンク

新居に引っ越しましたが、部屋にライトが一切ありません。天井からも吊るせません。

白熱電球のような黄色は嫌いです。アメリカの家は日本と比べて暗すぎです。目が痛いです。

新居に引っ越しました。4階建ての3階です。上の住人の足音がリアルに聞こえます。

アメリカ人は明るすぎる白い蛍光灯の光より、少し薄暗い黄色の白熱電球の光を好むようです。

それで視力がよくないと色々な人のブログに書かれてる・・・・

視力1.2~1.5をキープして帰国したい!

そのためにも、日本と同じ明るい白い蛍光灯の下での生活をしなければ・・・・。

「シーリングライトを取り付けたい」と不動産屋に言うと

アスベストが入っている可能性があるからダメです

と、バッサリ却下されました。

電気スタンドを購入する以外の方法が思いつかなかったので、早速調査。

色々な人が同じような苦労をされているようです。

  • 電球は「Daylight」に変える(蛍光灯並みの白い明かりが手に入る)
  • 8畳の部屋で3300~4300lm(ルーメン)の照明器具が必要
  • 読書したり勉強するには500~1000ルクスが確保されるのが理想的

と知って、次の電球をHOME DEPOTで購入。


Philips Daylight(6500K) Compact Fluorescent Bulb ($8.78)

1つ860lmらしいので、5つ使えば4300lm!

なので5つのライトを使う、フロアスタンドを購入。


Hampton Bay 66 in. Satin Nickel Floor Lamp ($49.97)

さっそく6畳の部屋で実験です。


6畳の部屋に2700KのSoft whiteを5つ使った場合


6畳の部屋に6500KのDaylightを5つ使った場合

感動です。

日本のライトのように白いです!

が・・・・

なんか暗くない???

どう見ても暗いでしょ???

今の時代、なんでもスマホ。

照度チェッカーアプリの「Android Sensor Box」の「Light Sensor」でルクスを測定。

ライトの真下で300ルクス

対角端の地面で40ルクス

全然ダメだろ―!!

とりあえず照明の真下で作業中。

とは言え、白い光があるだけで少しだけ心が落ち着きました。

他の人のブログを見ると300Wのハロゲンランプを2個使っている人もいました。

最悪、私も工業用のランプを購入するかもしれません・・・。

こんなの・・・。

タイトルとURLをコピーしました