夜釣りでイカをイカナゴで狙うもヒトデ一匹の釣果

スポンサーリンク

久~しぶりに「釣り」に出かけてみました。
 
今の季節「スルメイカ」が釣れるらしい。
 
しかしながら生憎の雨、雨、雨。
 
防波堤を見回して釣り客が「イカ」を釣っていることを確認し、
 
一旦、道具を揃える為に自宅と釣具屋へ。
 

 
ワクワクして仕掛けと餌を購入。「ウキ」等はご自慢の
 

うん千円した「電気ウキ」。「リール」も「糸」も「竿」もド素人の
 
使うそこらのモノとはわけが違う。「糸」だけでも
 
4、5000円するものなのだ。
 

 
さて、釣り場へ。
 

 
しまった~!!電池を忘れた~。
 

 
夜釣りなのだ。電池が無ければ懐中電灯が使えない。
 
残高120円。うぅ、これで買える場所は100円均一。
 

一旦店まで戻り購入。ふう。
 

 
しまった~!!タオルを忘れた~。
 

 
タオルは釣り人にとって道具の次に必要なもの。
 
電池買うんじゃー無かった~。
 
っと言うことで、再び自宅へ戻ることに…
 

 
釣り場へ…
 

 
仕掛けを投げってっと。
 

 
暗いし、雨は降ってるし、竿は一本にしておこう…。
 
「おっ!」一匹ゴカイ発見!!投げ釣りでカレイを狙おう。
 

 
さて、「イカ釣り」は初めてなもんでアタリが分からん。
 
とりあえず一旦引き上げてっと。
 

 
休みなので、夜なのに家族連れも多い。
 

 

「ここら辺は引っかかりやすいから、糸を巻くとき注意してね」
 

 
おお! お父さんが子供に注意を、なんて微笑ましい。
 

 
って、俺が引っかかっちまった~
 

 
「イカ釣り」様の仕掛けは結構簡単に外れるんだけど…くぬぅぅ。
 

 
いや~。ウキだけは…ウキだけは返して~。
 

 
ふん、ふん、ふん。
 

死闘10分のすえ、無事生還。俺ってやっぱスゲーぜぃ。
 
餌が落ちたから、餌を変えよう…って、オイ。
 

 
「キビナゴ」をドラ猫が食・べ・て・る~~!!
 

 
今日は終了。釣果は投げで釣れた大きな「ヒトデ一匹
 

タイトルとURLをコピーしました