ねほり.com

何もないから何かみつかる

広島は平和教育が非常に行き届いた授業を行っているが・・

      2019/01/06

桜の花というのは、どうしてこうも日本人の心に訴えかけてくるのだろうか。
それは桜の花が「出会い」と「別れ」の時期に咲き、散っていくからでは
ないだろうか。「始業式」に「卒業式」、皆それぞれに
悲しみや感動に満ちた経験があると思う。

広島では、平和教育が非常に行き届いた授業を行っている。
我々はそれを当たり前だと感じていたが、実際他県から来た
人々と話をしていると、どうも頻繁に平和教育を行っているのは
広島や長崎ぐらいであった。
これではどんなに「戦争はいけない」と叫んだところで、水の泡
であろう。今では「もし戦争があり、出兵が決まったら行く」
と答えた日本人が3分の1もいるそうである。

もはや日本人は忌々しい過去を忘れてしまったのでは
無いだろうか。私は山口の「陸奥博物館」、
長崎の資料館、沖縄の「ひめゆりの搭」などを
幼い頃から見学し、映像や遺留品を見ていて、
あたかも自分が体験した様に当時の光景が目に浮かんでくる。

戦争はいけない。と単に言うが、では何が一体いけないのであろうか?
では我々はどうして行くべきなのであろうか?
多くの人々に核の恐ろしさを知ってもらう。否。実際
原子力発電所等で核は用いられ、今の日本人でさえ、もはや
核兵器の映像を見て胸を打つことは無くなってしまった。

広島は平成11年度にある校長が自殺をした。それは
卒業式で「君が代」を歌うか歌わないかで、教職員がもめた為
である。私もこの年某高校を卒業したのであるが、初めて
卒業式に「君が代斉唱」が盛り込まれていた。当日の朝、
一人の学生の手紙が読まれた。その内容は、私はあれほど
我々を苦しめた天皇崇拝の「君が代」は聞くことが出来ないので
卒業式に出るのが辛い。と言う内容だったと記憶している。

実際問題、現代においても戦争の悲劇で苦しんでいる人は
数多いのである。決して「昔話」で終らせることは出来ない。
結局我々の学校ではクラス単位での決断となり、同和指導
の先生は椅子から立つ必要はない、とした。
結果、テレビの報道も例年以上詰め寄せた卒業式となり、
その先生は学校を去ることとなった。

日の丸でさえ、「日の丸の赤は人の血、日の丸の白は人の骨」
と語られる。なぜ急に「君が代」を国歌に定め、
強制的に歌わせるようになったのだろうか。反感が積もる中
平成12年度の卒業式は「君が代斉唱」が100%実施となったものの、
ほとんど歌わずじまいとなった。

結局、戦争が始まれば得をするのは政府であり、大企業である。
我々一般市民が太刀打ちできる相手ではない。
また、どうしても今私達が生まれてこれたのも、安心して暮らしているのも
当時の戦争があったためであって、そう考えると、死んで
行った人々には申し訳無いが良かったと思ってしまう。
しかしながら、だからこそ死んでいった人々の分も我々が
努力して行かなければいけないのは事実である。

 - 2000年(大学2年), 随筆

  関連記事

釣りに行って思うこと「少し魚が臭い」

釣りに行きました。昨日も行きました。楽しかったです。 釣りは完全に趣味の一つとし …

マスコミ・マスメディアのあり方を危惧している

最近ニュースを見ていると気になることがある。 事件などの被害者や加害者についての …

ネットを通じた同期同士の試験・レポート前の交流に充実感

自分が「大学生」であることを感じるのはどのような時だろうか?  私が、 …

マジックは人とのコミュニケーションにも有効

前回、超能力について書いたら、「奇術」について書きたくなったでし。 私は「手品」 …

のぞいたって家族に馬鹿にされて孤立を感じた

「大分で15歳の少年が一家6人殺害~?」 馬鹿かい、おみゃーは。 最初は 「のぞ …

色彩について「カラスが黒いと誰が決めた?」

数年前、キヤノンのカラープリンターのCMで、「カラスが黒いと誰が決めた?」 と問 …

日記は過去の過ち、栄光、思い出をリマインドしてくれる

日記をつけることは良いことであろう。  現在Webサイトでも人気のペー …

早稲田大の大槻教授の「超能力の種明かし」

占いとか、超能力、予言とかっちゅーオカルトは、 去年の今頃「ノストラダムスの大予 …

原爆という兵器を使って決定的な敗北を日本は感じた?

「戦争反対!核廃絶!皆さん、我々は平和の訴えの為福岡から来ました。」 広島へ来た …

「知的障害」を装って計画的犯行(現行の刑法の抜け穴)

「Linux」を四苦八苦して取り合えず入れてみた。  その間世間では大 …