原爆という兵器を使って決定的な敗北を日本は感じた?

スポンサーリンク

「戦争反対!核廃絶!皆さん、我々は平和の訴えの為福岡から来ました。」
広島へ来た集団のデモ行進の人々の叫びである。
ぶっちゃげた話、私には
「戦争反対を訴える為、わざわざ福岡から出てきてアゲマシタ。」
としか聞こえなかった。

別に広島じゃー何処よりも「平和学習」が進んでいるし、
しょっちゅう、反核デモが起こっているのだから、
いちいち広島で行なうんでなしに、自分の県で行なえばいいじゃん。
それに8/6に託けて…。
まあ、半月前の2月にでもデモを行なえば
「ああ、本当に戦争反対を唱えているんだ…」って思うけれども…
デモ集団は結局、平和公園で写真撮影会に参加してたっけ?

死んだ人には悪いが、原爆という兵器を使ったからこそ、決定的な敗北を皆が感じ、そして日本は平和が約束された。

今の我々の平和、幸福、生存など全て過去の戦争のもたらした結果である。
結局、悪いのは戦争や核で無く、それを齎す人間の心なのさ。

※ 当時の考えであり、今は違います

タイトルとURLをコピーしました