機械学習

2021年(社会人17年)

故人の遺影モノクロ写真の無料でカラー化・繊細化・動画化方法まとめ

年老いて死を迎えようとした時に一体私に何が残っているのだろう。 私を焼いた後には骨ひとつ残りはすまい……。 その思いが私を駆り立て先祖調査を始めて早20年。 しかし先行きに不安を感じる難しさ……いや、これは難解というレベル...
2020年(社会人16年)

音の機械学習に向けたデータ前処理(pythonによるフーリエ変換・スペクトログラム)

画像認識は専門だったけど、音声認識はよく知りません。 「フーリエ変換」使うんでしょ? 昔は計算式の勉強が必要だったけど、今はPythonのライブラリで一発変換なんじゃないの? ぐらい。 時間もスキルも無いが、...
2020年(社会人16年)

小学生低学年向けはじめてのML2Scratchを使った機械学習じゃんけんゲーム

「Scratch(スクラッチ)」は、子ども向けプログラミング環境として広く日本でも知られるようになりました。 このScratchを独自拡張し、機械学習を扱えるモジュール(画像認識、音声認識、姿勢検出)が公開され、最近ホ...
2020年(社会人16年)

映像メディア品質評価(客観評価法)VIFP、SSIM、RECO、PSNR、NIQEの比較

解像度低下・ぼけ、ブロックひずみ、偽輪郭、ジャーキネス、フリッカ、動きぼけ、途切れ/フリーズ、モスキート雑音、エッジビジネス、乱れ(破綻)などの映像劣化が発生し、その原因が何であるかを把握することは、目的とする映像品質評価や品質改善...
2020年(社会人16年)

fastText、word2vec、BERTまとめ(サンプル実装)

自然言語処理はAI(人工知能)分野で今最も注目の集まる分野です。 一方で、一昨年にBERTが発表され注目を浴びたものの、XLNetやRoBERTaも出てきており、技術進歩の早さについていくのに大変な領域です。 GPU...
2020年(社会人16年)

機械学習による株価予測(3点チャージ法を改良する→失敗)

羽田空港は全空港職員がマスクをし、利用客も7割がマスクをしています。 一方で、アメリカの空港に着いた途端にマスク着用率は一気に2割にまで下がります。 アメリカのテレビキャスターも 「マスクはウイルスにかかった人が周りへの配...
2020年(社会人16年)

機械学習による株価予測(導き出たのは斉藤正章氏の手法)

11回目ではファンダメンタルズ指標を追加することで「AUC=0.70」を超えました。 13回目では過学習(オーバーフィッティング)を抑え学習モデルを可視化しました。 【13回目】機械学習を使った株価予測(LightGBMをO...
2020年(社会人16年)

機械学習を使った株価予測(LightGBMをOptunaでパラメータチューニング)

8回目で精度の高い学習モデルを構築するために「交差検証」「ROC 曲線とAUC」について実装追加しました。 11回目ではファンダメンタルズ指標を追加することで「AUC=0.70」を超えました。 【12回目】機械学習を使った株...
2020年(社会人16年)

機械学習を使った株価予測(pandas-profiling、create_tree_digraphで可視化する)

株式投資は、予測するものではなくルールに沿って選ぶものです。 その際に、選んだ銘柄が当たろうが外れようが、つねに勝てるルールを作り出す事が大切です。 【11回目】機械学習を使った株価予測(ファンダメンタルズ指標導入でAUC=...
2020年(社会人16年)

機械学習を使った株価予測(ファンダメンタルズ指標導入でAUC=0.70超え)

株式投資は、予測するものではなくルールに沿って選ぶものです。 その際に、選んだ銘柄が当たろうが外れようが、つねに勝てるルールを作り出す事が大切です。 【10回目】機械学習を使った株価予測(関連論文・サイトを調査してみる) ...
2020年(社会人16年)

機械学習を使った株価予測(関連論文・サイトを調査してみる)

株式投資は、予測するものではなくルールに沿って選ぶものです。 その際に、選んだ銘柄が当たろうが外れようが、つねに勝てるルールを作り出す事が大切です。 【9回目】機械学習で株価予測(年利・勝率向上の分析) 【8回目】機械学習...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(年利・勝率向上の分析)

新型コロナウイルス感染症の影響によりスAmazonでのマスクの値段が7~8倍になっています。 マスクが欲しくても手に入りません。 そんな中・・・・、 私を除いて家族全員がインフルエンザAに感染した! ...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(交差検証+ROC 曲線とAUCで精度65%)

日本では5つの要因でサラリーマンの給料は上りません。 ① 労働組合の弱体化 ② 非正規雇用者の増加 ③ 少子高齢化の影響 ④ 内部留保を貯め込んで賃金を上げない経営者 ⑤ 規制緩和の遅れがもたらした賃金低迷 この...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(騰落レシオ+株価分割対応で複数銘柄)

株式投資で利益を得るために必要な事 知識ではなく(正しい手順による)練習(本人の努力)あるのみ 選んだ銘柄が当たろうが外れようが、つねに勝てる状況を作り出す そのためには、市場がもつ不確実性をかぎりなく排除する必要があ...
2020年(社会人16年)

機械学習で株予測(3点チャージ法の有効性検証)

前回、機械学習で解いた学習モデルが勝率50.48%、プロフィットファクター1.15、平均年利5.91%、最大損失年利-37.23%という事が分かりました。 今回は、現時点で考えている特徴量を追加して成績が改善するか確認してみます。 ...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(Protraを使ったバックテスト解決編)

前回は「Backtrader」を使って学習済みデータでProtra風バックテストを試み断念しました。 そもそもProtra風にバックテスト結果を出力したいなら、Protraを使うべきでは? いやいや・・。...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(Backtraderでバックテスト調査)

中国・武漢で発生した「新型コロナウイルス(新型肺炎)」が、世界に拡散中です。 これにより投資家心理を圧迫し、アジアの主な株式市場が春節(旧正月)で休場となり商いが薄いなか、日本株のヘッジ売りが目立つ状況です(483円安)。 ...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(Pythonのバックテストライブラリ調査)

前回、機械学習で解いた予測結果がどれだけ利益が出ているのか詳しく知ることが出来ませんでした。 そこで、Pythonを使った株価予想(バックテスト)ツールを調べてみます。 【2回目】機械学習で株価予測(TA-LibとLight...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(TA-LibとLightGBMを使った学習モデル構築)

以前、LSTMを使ってKerasで実現した学習モデルでは、「一つ手前のデータと、これまでのパターンから次の値を予測する」結果になってしまいました。 勝率も49%でした。 このアプローチにずっと疑問を持っていました...
2020年(社会人16年)

機械学習で株価予測(Two SigmaのKaggleコンペを確認)

計量的・実証的な投資におけるアルファは質の高いサーベイからもたらされるものであり、近い将来その分析手法の殆どが機械学習に置き換わるものだと考えています。 ・・・・と次の書籍に書いてあります。 この提言が正しいとすると...
タイトルとURLをコピーしました