オセロゲーム作成、勝てたら初級レベル?(CとJava Scriptを利用)

スポンサーリンク

前回、「WASM」という仕組みを知って色々と実装&実験を試みた。

C/C++によるWebAssemblyコードをJava Scriptから呼び出す(2/2)
Chrome / Firefox / Edge / Safari いずれにおいても、ブラウザ上でプログラムを実行したいときにはJavaScript が使われる。JavaScriptが登場した当初、その役割はHTMLに飾りつけをする程...

 

この技術を知って真っ先にやりたかったのが、学生時代にC言語で作ったオセロゲームのWebアプリ化。

学科オセロプログラム大会優勝するも自慢が過ぎて非難を浴びました・・
最近どうも体調がすぐれません。間違い無く体力不足です。パソコンの前に座ることが、1日の生活の3分の1を占めています。俗に言う「ネクラ」と言う人種に近づいている自分がいるようで、現在の生活に疑問中。アメリカではタリバン政権...

 

これ死ぬまでにやりたい100個の目標の1つ。

残りの99個は知らんけど……。

ということもあり、オセロ実装は20年の間に何度もやってきた。

年月日 言語 目的
2001/07/19 LISP 授業
2001/09/12 C言語 大会
2001/09/20 Perl(CGI) 学習
2001/10/15 Java(Applet) 移植
2003/07/17 C言語&Xlib GUI追加
2011/11/27 JavaScript 学習
2015/10/15 Java(Android) 学習
2023/02/10 JavaScript&C/C++ 移植

大学生時代の話は別の機会に記載することにする。

色々なプログラム言語でオセロゲームを作成した理由は、

 

C言語で作成したオセロゲームを移植したい

 

という思いからだが、これが どうにもこうにもスキルも工数も無いのでうまくいかない。

当初はWindowsアプリにしてVector/窓の社等に登録したかったが、GUIを作ることが私には難しくて断念。

 

 

その後、LinuxでGUIを持たせたこともあるが多くの人が利用するプラットフォーム環境ではないので、寂しさは感じていた。

スポンサーリンク

そこでWebへの移植を試みた

最初にPerlを使ったCGIでの移植を試みたが、サーバに対する負荷が大きく断念した。

そこで思いついたのがJava(アプレット)版のオセロ開発。

Java VMが動作する環境ならどこでも、Javaアプリケーションは動く。

そして、Javaは C++ からポインタ、多次元の配列、構造体、共用体を取ったようなもの。

ソースコードの改変も少ないかな……

と思ったが肝心の私の作ったコンピュータ思考部分がポインタや構造体だらけで、移植というよりゼロから作り変えるような難しさを感じたため、諦めていた。

代わりにJavaアプレットで麻雀とか他のゲームを幾つか作った。

自作のWebゲーム・ツールなど

……そして、突然のJavaアプレットの訃報を受け取る。

米オラクルは2016年1月27日(米国時間)、Javaプラットフォームグループのブログで、JDK 9からJavaブラウザプラグインを非推奨にすると発表した。

さよならJavaアプレット。JDK 9からWebブラウザプラグイン機能を排除
ついに、Javaアプレットとお別れをする時が近づいてきた。

一生を共に歩むと誓ったにも関わらず一方的に別れを告げらたような……、今まで心を支えていた紐がほどけた虚無感に陥った……。

 

 

そんな事もあり、HTML5とCanvasの勉強がてらJavascriptでオセロゲームも作ってみた。

HTML5 canvas+JavaScriptでオセロ作成
2011年11月27日(日) HTML5 canvas+JavaScriptでオセロ作成HTML5 canvasタグを利用したサンプル作りは、来年かな・・・と思っていたけど。Flashは無くなるし、canvasタ...

これも肝心のコンピュータ思考部分は移植してない。

なので超弱い対戦オセロゲームを20年間公開し続けてきた訳だ。

そしてWebAssemblyに出会った

あれから10年近くが経過しC/C++がWebブラウザから呼べることを先月初めて知った。

C/C++によるWebAssemblyコードをJava Scriptから呼び出す(1/2)
中国の動画配信サービス「ビリビリ(bilibili)」から動画をダウンロードしたつもりが、wasm(ワスム)という拡張子のバイナリファイルが落ちてきてVLCで再生できなかった。なんだこれ?...

 

この技術を使えば、UI部分は作成済のJavascriptの改変、コンピュータ思考部分は大学生時代に作ったC/C++のコードを再利用できる。

 

つまり、WebAssemblyの仕組み(データの受け渡し)の実装だけで、ほぼソースコードの再利用が可能!!

UI部分は肝心のJavascript実装がショボいので作り替える必要あるけどね。

……が、Javascriptって非同期のsleepしか実装が推奨されてない。

awaitFunc()の中では同期だが、全体としては非同期なので次のような挙動になってしまう。

アニメーションを事前に想定した設計になってないので、やりたかったUIにはできなかった……。

とはいえ、試行錯誤して当時のイメージに近い形に実現したけど……。

 

そこからはモクモクと実装。デバッグがしんどい。

 

で、とりあえず完成。

実際の対戦サイトはこちら。

オセロのコンピュータ対戦(勝てば初段)
学生時代にC 言語で作成したオセロゲームをWASMでWebサービスに移植しました。強さは1級程度です。

当時のコンピュータ思考はそのままで、UIは少し違うけどユーザが打った手をコメントする部分などは全く同じだ。

完全読み切りや先読みの深さはWebで動かすために、少し浅くしている。

オセロさん、お久しぶりです。

おわりに

未だにJavascriptもWasmも よく分かってないけれど、やりたかった事は実現できた。

因みに、このオセロプログラミングのレベルは1級〜2級。

今では人工知能の技術も進み、圧倒的にこのプログラムより強いソフトが沢山ある……。

機械学習なども発展してるし、色々と遅すぎた……。

タイトルとURLをコピーしました