津田塾大学 オープンスクール受講感想

スポンサーリンク

定期的な運動が週1回のテニススクールだけとなり、体脂肪率が増えました。

体重も皮下脂肪も内臓脂肪も増えました。脱メタボのモチベーションは増えません。

 
 

TOEIC IPテストを受ける目的で「津田塾大学 オープンスクール」に申し込みしてたので受講。

「TOEICスコア 600以上の人が、730以上を目標にする」という講習です。

 
 

久しぶりに大学で勉強しました。

 
 

朝 10:00~16:10までTOEICの問題を解き、
 答え合わせの繰り返しx2日でヘトヘトです。

 
 

そして、運悪く 昨日のテスト結果返却で自身のスコア目標を達成したので、今日は全くヤル気なし・・・

 
 

オープンスクールなので、学生半分、社会人半分でした。

いろいろな人にTOEICスコアが必要な理由を聞いてみました。

 
 

個人事業主「外人向けセミナーを開講したい」

サラリーマン「転職で履歴書に書くため」

大学3年生「就職で少しでもアピールするため」

高校2年生「クラスで一番スコアが低いので」

 
 

いやいや・・・高校2年生って・・・・。

TOEICはビジネス会話が多いのに、既にスコア630あるとの事。

でも、毎日寝る暇を惜しんで勉強してるけどクラスで一番英語ができないとの事。

 
 

都立の国際系の高校で、上智・早稲田・慶応に行く学生が多いらしい。

世界情勢にも詳しく「サムスン新入社員は900点が足切り」「テレビ売上世界シェア」も知ってた。

 
 

こんな若者がいるなんて、日本の未来は明るい!

・・・じゃなくて、いつかこの子たちが我々の地位を脅かすかと思うと、怖くて仕方ない。

 
 

一方、Yhaoo知恵袋では、、他国を下に見て疑ってかかる人もいます。

サムスンで課長以上の人は TOEICテストが920点以上と 言うのは?っぽいですよね? …

サムスンで課長以上の人は
TOEICテストが920点以上と
言うのは?っぽいですよね?

それでも本当だと思いますか?

 
 

どんどん2極化する日本人。

30代のうちに色々な武器を身につけ、私は逃げ切ろう・・・・。

タイトルとURLをコピーしました