また広島プリンス前で釣り(ボラ43cm、チャガラ30匹)

スポンサーリンク

11月9日(土)の中国新聞に
 

 
 

「毒ひれ『ゴンズイ』ご用心」

 

 
 
と言う記事が書かれていた。
 

 
 
広島市中区の天満川河口で夜釣りをしていた男性が「ゴンズイ」に刺され、
広島大学医学付属病院では未知の症状に戸惑い、三次救急病院まで運ばれたとか…。
 

 
救急病院では、痛め止めの注射を打ち、感染予防の抗生物質を点滴し投与したらしい。
 

 

 

 
しかし最も効果があったのは、釣り仲間から聞いた
 

 
 

「湯につける」方法

 

 
 
だったとか…
 

 
「ゴンズイ」の毒は高分子タンパク質なので、温めると毒は分解される
 

 

 
って、これくらい釣り人の常識…
 

 
広島湾の平均水温がここ十年余りで0.4度上がったらしく、珍しい魚が釣れるようになったらしい。
 

 
タイワン・ガザミ
 
アイゴ
 
ゴンズイ
 

 
などなど。
 

 
1週間前、「ゴンズイ」が泳いでいるのを見て玉網ですくった私…。
 

 
しかも結構いました。体調5cm程度でしたが…。
 

 

 

 
って、言うか、
 

 

 
病院も釣り人も応急処置ぐらい知っておけ!
 

 

 
他にも
 

 

 

  • アカエイ
  • オニオコゼ
  • アイゴ
  • ウツボ
  • ミノカサゴ
  • ハオコゼ

 

 
虫だって
 

 

  • アブ
  • ブヨ
  • ハチ

 
あとはマムシ・ハブなど、生物から受ける毒は多くある
 

 
キャンプや釣りをしている人の予防は常識で、医者が知らないのは
 

 

 

問題外

 

 

 
医学がどうの言う前に
 

 

 

常識!

 

 

 
ちなみに、虫類は「アンモニア水」、魚類は「リバノール液」が有効
 

 
今回の「ゴンズイ」騒ぎで、「ゴンズイ」は釣ったら捨てられる運命になるだろうねぇ…
 

 
実はとっても美味しい魚なのだ。
 

 
ニカワ質の強い皮を持つ魚なので「蒲焼」が美味!
 

 
もちろん、背ヒレと胸ヒレの計3本の棘は抜きましょう。
 

 

 

 
ちなみにまた釣りに行った。
 

 
雑魚は釣れたが、特にメボシイものは釣れなかった…。
 

 
今回の収穫は
 

 
ボラ43cm
 

 
過去最高の大きさ…マジ??
 

 
チャガラ30匹
 

 
やっと、名前が分かりました~。可愛そうな事をした…。
 

タイトルとURLをコピーしました