教授より考えが幼稚で研究者として完全に失格と言われる

スポンサーリンク

大学3年後期の成績を全「優」で取得し、調子に乗って
4年になっても「最高単位数」を取得するつもりで望んだら強く叱られた。
 

 
「研究に必要でしているのか?」
 
「単位が欲しいのか?」
 

 
前者の場合にしろ、自分で必要なところだけ学べば良い訳だ。
 
後者の場合には、研究者として完全に失格である。
 

 
そもそも、現在の成績で私は卒業単位数に足りている。
 
後者の考えは、考えること自体「誤り」であると教授に言われた。
 

 
色々、その後にも教授と話をしたのだが、
私の考えはあまりにも幼稚で、研究者として完全に失格である。
 

 
よく言われることがある。私は「文系」向きであったと…。
 

 
言われた事は完全にこなし、十分良いものを作り出す。
 
しかしながら、自分から考え、行動したものは何一つ無い。
 

 
結局、何かに縛られていないと怖いのである。
 

 
「自分が怠惰になっていくのでは無いか?」
 
「自分で何が出来るのだろうか?」
 

 
その「心・考え」自体「理系」としては向いていない。
 

 
過去、私の優等生仮面を見破り「文系向きでは無いか?」と
強く発言した人が2人いた。
 

 
1人は広大の女性で、もう1人は学科の教授である。
 

 
その時は「理系向き」だと主張したが、今考えると正直あたっていると思う。
 

 
また、私は今まで全て「予測」「計算」してから、「発言」「行動」等を起こしていた。
 

 
言わば私自身人工知能を搭載した「ロボット」そのものであった。
そして、そのことを私自身が感じていた。
 

 
しかしながら、教授には私が「ロボット」だと言うことさえも見破られた。
 

 
このままの私の方法では、大きな壁に突き当たるだろう。
 

 
決して「ロボット」である以上、人が指示した以上の事をこなす事は出来ない。
 

 
そして、それ以上の存在には なる事が出来ないのだから…。
 

 

タイトルとURLをコピーしました