DNA検査・CTスキャンしても正体不明な未確認動物(UMA)まとめ

スポンサーリンク

日本には鬼やら河童やらの「ミイラ」と称される物がある。

日本の場合は、大半が江戸時代の妖怪ブームにより作成された

 

多種動物類の混合組み換え品。

 

倉敷市の倉敷芸術科学大学では浅口市鴨方町の圓珠院が所蔵する人魚のミイラについて、下半身はニベ科の魚の皮。上半身にはフグの皮を使い、内部には布や紙、綿などの詰め物を確認

2023年2月7日

一方で、世界中には未確認動物(UMA)が数多く見つかっており、我々の知的好奇心をくすぐる存在。

これらのUMAは、しばしば神秘的な姿勢や目撃情報によって注目を集め、未知の生物に対する興奮と期待を掻き立ててる。

 

【閲覧注意】今回のブログはグロテスクな写真/リンクが出てきます

2020年頃に書いたけど気持ち悪くてお蔵入りになっていた記事の一つ。

ジャーナリストでUFO陰謀論者のハイメ・モーサン氏が、9月12日に「人間ではない」と称する化石化した死体をメキシコ議会に提出した。

ケースに入れられた2つの小さな「遺体」は両手に3本の指があり、細長い頭部を持つ。

「宇宙人の遺体」、メキシコ議会で公開 UFO巡り公聴会
メキシコ議会で12日、未確認飛行物体(UFO)に関する初の公聴会が開かれ、専門家の証言が行われたほか、宇宙人の遺体とされるものが公開された。

長く伸びた頭と3本指の手に、ハリウッドで描かれるエイリアンのような外観のミイラ化した小さな死体は、2017年にペルーのナスカの地上絵付近でで発見したとされ、モーサンは約1000年前のものだと述べている。

 

でもね、

 

化石化は数百万年以上の歳月がかかる自然の過程

 

1000年前の化石など存在しないんだよ。。

 

CTスキャン・X線検査をした結果「人工的に操作された痕跡はない」という結論になったらしい。

 

鷲掴みって、どんだけ雑に扱ってるんだよww

 

テレビでも話題になっていたっぽいけど、ギャグじゃんww

誰が見ても「宇宙人ってこんな形してるよね」的な化石というのが逆に凄い。

 
 

案の定、2024年1月15日

紙、接着剤、金属、人間と動物の骨で作られたもの

とペルー検察庁の法医学専門家が3か月におよぶ調査結果を報告したww

 
 

他にも前から気になっているけど結局迷宮入りしているUMAが幾つかあるので紹介。

スポンサーリンク

体長15cmの宇宙人ミイラ「ATA」→【結果】人間

2013年には「Sirius」というタイトルで未確認生物としてドキュメンタリーの題材にもなった最も有名な小型ミイラ。

【年月日】2003年5月19日
【場所】南米チリのアタカマ砂漠
【状況】人類らしき体長15センチのミイラを発見

このミイラはアタカマ・ヒューマノイド(ATA)と呼ばれた。

スタンフォード大学医科大学院、微生物&免疫学部のギャリー・OP・ノーラン教授によってATAのDNA検査が実施した。

その結果、ATAの体からは人間のDNAが検出され遺体は新生児の女児のもので、小人症、形態異常、早期老化症などに関連するとみられるまれな遺伝子変異を持っていた。

驚愕! 体長15センチの宇宙人といわれているミイラから人間と同じDNAが検出される
さかのぼること約10年、2003年に南米チリのアタカマ砂漠でで人類らしきミイラが発見された。しかし、その大きさはたった15センチ!! 人類にしては小さすぎるのだ。宇宙人 …
チリの15センチミイラは人間だった! 全ゲノム解析結果にUFO研究家は… | 東スポWEB
 本紙が2013年5月に報じた体長15センチほどの人型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」は、エイリアンでも古代の亜人類でも妖精でもなく、骨に疾患のある人間だった。米スタンフォード大学などの研究チ...

インドのラージャスターン州の村で謎の生き物→【結果】?

【年月日】2015年8月3日
【場所】インド・ラジャスタン州西部のジョードプル市のバワディ村
【状況】水を汲むために井戸を掘っていた際に人間のような生物を発見

外見は人と動物を混合させたような生き物で手足は計4本、指は4本ずつ。ではこの生き物はなんなのだろうか…。フェイク、もしくはカエルの変種ではないかという意見も出ている。

Alien found in Jodhpur? Picture of human-like creature goes viral on Facebook
Jodhpur city of western Rajasthan has been trending on social networking website Facebook after a picture of a strange Creature surfaced on the internet.

アフリカのナミビアで謎の生き物を発見→【結果】?

【年月日】2012 年11月21日
【場所】アフリカのナミビア
【状況】3匹の生き物を発見し1匹を射撃隊の1人が射殺。本格的な法医学捜査を実施。

住民がこの奇妙な生き物を発見した。

目撃者によると、この生き物は明らかに食べ物を探しているのに気づき、射撃隊の1人がライフルで怪我をさせ、深い茂みの中に逃げたという。

地元住民はそれを近くの隠れ家または巣まで追跡し、そこで同じくらいの大きさのさらに3匹の生き物を発見した。

負傷した生き物は銃撃隊の一人を攻撃し、射殺され、他の者は藪の中に逃げた。

遺体は地元のキャンプに持ち帰られ、その後警察が遺体を撤去し、本格的な法医学捜査が行われている。

Just a moment...
When Muppets Attack: Strange Creature Found in Namibia
A hunting party stumbled upon not one but a pack of new, strange creatures while out in the dense jungle of Namibia

カリフォルニアでぬるぬるしたピンク色の生き物→【結果】?

【年月日】2015年11月9日
【場所】カリフォルニア州の女性の家の裏庭
【状況】昨夜の11時半くらいに何かの叫び声を聞いて家の裏庭に出たら発見

カリフォルニア女性の裏庭でぬるぬるしたピンク色の生き物の遺体が発見された。

腐肉食者や捕食者に噛みつかれたシカの胎児の半分、有蹄類ゆうているいの動物は恐怖を感じて胎児や羊膜などを落とした……などと憶測が広がった。

Discovery of slimy pink creature leads to frenzied 'alien' speculation
Labelled an 'alien', 'facehugger' or simply a partially developed animal fetus, internet users have spent the past few days feverishly questioning what this biz...

3本指の純白宇宙人ミイラ「マリア」→【結果】人間

【年月日】2015年3月
【場所】南米ペルー南部のナスカ
【状況】全体が白く硬化しておりヒザを抱えて座り込んでいるような姿勢を保ち、その内の一体が三本指であった

西暦245~410年のナスカで発見された「3本指の純白宇宙人ミイラ」から人間と同じDNAが検出された。

  • 2017年、ミイラの科学的分析を行い、DNAが人間とはかけ離れた遺伝子配列になっているとロシアでの分析結果を公表
  • カナダのオンタリオ州レイクヘッド大学のPaleoDNA研究所が分析した結果は、100%人間

最初は人間とDNAが違うという嘘っぱちな発表をしたことで有名になったミイラ。

ペルー・ナスカで発見された三本指のミイラについて調べてみる|世界一詳しい記事を目指して
はじめに  この記事を閲覧されている方はペルーに行ったことがおありでしょうか。管理人は、2回行ったことがあります。最初はリマ、2回目はマチュピチュ・クスコです。残念ながらナスカには行ったことがありません。  今日は、そのナスカのお話です。
ナスカで発見された「3本指の純白宇宙人ミイラ」、ついにDNA鑑定結果が公開される! 専門家絶句の“正体”とは!? - TOCANA
先日、南米ペルー南部のナスカで複数のミイラが発掘された。いずれのミイラも姿かたちはほぼ人間型であったが、その内の一体が三本指であったことから事態は妙な進展を見せ、陰謀論者やUFO界隈を中心に“もしかして宇宙人なのでは”と世間を大いに騒がせるに至っている。今回はこの一連の騒ぎについて続報を紹介していき...

メキシコシティの妖精の死骸→【結果】?

【年月日】2016年
【場所】メキシコシティのオフィス
【状況】人類らしき体長15センチのミイラを発見

DNA検査の結果、どの生物にも該当しなかった。

「妖精の死体」がメキシコで発見される? DNA検査、X線撮影実施へ - TOCANA
妖精や天使は精神的な存在に近いとされ、地球上の動植物のような物質的な肉体は持たないと考えられることが多い。しかし、なんと今月18日付の「Daily Express」が、「妖精の死体標本」がDNAテストにかけられたと報じている。まずは「妖精の死体」写真をご覧頂こう。■レプティリアン顔の妖精の死体...
捕獲されていた!?メキシコで妖精の死骸をDNA鑑定した結果・・・
世の中には不思議な生物が沢山おりましてまだまだ未確認の生物が山ほどおります。 それらが何なのかを解明するのも今後の課題ではありますが、その中でかなり不思議な生物として人気の高いのが「こびと」「妖精」で

おわりに

出典を見ると「Gaia」という様々なコンテンツをネット配信して巨額な収益を上げているアメリカの会社、YouTuber、過去ダミー記事を配信したものなど、怪しさ満載だった。

最後まで真面目に解析して欲しい。

科学者いるなら謎として終わすんじゃないよ……

タイトルとURLをコピーしました