庶民には苗字が無かった?士農工商は無かった?の真実

スポンサーリンク

今年のロシアのウクライナ侵攻でも情報戦が行われているように、情報により自由に民を操るという事は全世界・人類史上不変の行動だ。

学校教育の中でも教える側の意図で、白が黒になる(サギをカラスと教えると実際にそうなる)。

ようするに、国家権力を握った側が自由に歴史を作文・作画できることを意味する。

 

たとえば毎年8月15日には「戦没者慰霊祭」が行われる。

慰霊祭

「第二次世界大戦(日本では大東亜戦争)」で亡くなった方々への慰霊

 

人々もメディアも学校教育も異口同音に

 

「戦争は悪いことだ、絶対にしてはならない」

 

と発する。

ただし多くの場合、1941年~1945年の間の戦争だけしか対象にしていない

日清戦争では約14,000人、日露戦争では約116,000人の死者がいる。

日清・日露は良い戦争で、太平洋戦争だけが悪い戦争だった、と言いたいのだろうか……。

既に我々は教科書、親、テレビ、SNSによりマインドコントロールされている……。

同じく、多くの人は「江戸という時代」を、明治近代政権によって改竄された内容でしか知らない。

つまり明治近代政権によって、江戸時代は庶民が苦しみ暗い時代だったようなイメージを持たされている。

 

ようやく学校の教科書も「士農工商」や「慶安のお触書」は存在しなかった事になってきた。

 

でも、こんな重要なことを、

調べず、否定せず、事なかれ主義で

ずーと教育してきたわけだ。

 

スポンサーリンク

農民には名字がなかった?いえありました

塾の講師「名字に『川』『田』『山』『木』などが付いている家の先祖は、農民だぞ~。」

 
 

これを聞いて、「川」「田」「山」「木」などがつく苗字の人達は、この何気ない先生の言葉で意気消沈。

 
 

翌週、

生徒A「先生、『織田信長』には『田』がついてますが、武将ですよ?」

僕「『今川』『武田』もだよ!」

 
と反論。

それに対する講師の反応。

 

講師「はは。笑ってごまかそう~」

 
 

無知は罪だ。

 

因みに僕は過去(真実の追求)に興味をもったが、生徒Aは未来(自分の価値を上げる)に興味を持ち、今では地元で有名な映画監督で億万長者ww

人生の選択って、超超大事!!

 

話を戻して、当時の本は?

人名のひみつ (名前のはじまり探検隊)

人名のひみつ (名前のはじまり探検隊)

国松 俊英
Amazonの情報を掲載しています

明治時代までは、名字を持つこと許されていたのは、貴族や武士など、限られた人だけだった。

 
 

真っ赤な大嘘。

 
 

冒頭から間違ってる。

これ、小学校時代に読んだわ。

舐め腐ってる。

 
 

国松俊英氏は児童文学作家だ。

せめて郷土史家や歴史研究家を「監修」をつけて欲しかった……。

 
 

今では江戸時代に武士以外も名字をもっていた事は分かっている。

それに、当時の教科書を見てみても

「江戸時代、武士以外は名字を名乗ることができなかった」

と書いてあり「持つことが出来なかった」とは書いてない。

 
 

武士にとっては、名字を名乗ることあ権利であり義務だった。

武士以外の人たちは公の場所では名前だけしか名乗れなかった。

幕府や藩の公式の記録だけみると、武士以外は誰も名字が書いてないから

「名字を持っているのは武士だけだ」

と錯覚したのだろう。

浅いんだよ。

 

 

例えば、江戸時代の俳人「小林一茶(小林弥太郎)」は、柏原の中位クラスの自作農家。

それでも「小林」という名前がある。

いつから農民は苗字を許されの?いいえ、苗字はありました
日本国中の誰もが「苗字(名字)」を名乗るようになったのは、明治維新後の明治8年2月13日の「平民苗字必称義務令」からです。 明治になって、お

士農工商は存在したのか?

私が学生時代には次のように習った。

一番上の士は武士(侍)のこと。農は農民(百姓)、工は職人、商は商人。

どうして農民が二番目に地位が高いかというと、幕府や大名などの支配者が、お前たちは武士の次に偉いんだ、だからきちんと年貢を払うんだと、重税を課せられる彼らにプライドを持たせるためだったんだ。

商人を一番下にしたのも、彼らは金持ちで贅沢しているけど、身分は一番下なんだよと農民たちを納得させるためだったんだ。

 

良くできた作り話。

 

これも明治政府が考えて作り出した寓話。

 

例えば教科書出版大手の東京書籍が発行する教科書では、すでに平成12年度からその記述は削除された事も有名だ。

 

しかし、今度は

 
 

江戸時代は身分制度が無かった

 
 

という間違った理解を持っている人がいる。

日本人は極論が大好き。

 

どこまで日本史を美化させていくつもりなの?

身分制度はあった。

日本にみな平等だった時代など未だにない。

 
 

「士農工商」という身分制度はなかったが、身分の格差が色濃く反映された時代

 
 

これが江戸時代。

 
 

職業選択の自由はなく世襲が原則。中には人として扱われないような人々が存在する差別的社会。

 
 

実際の江戸時代の身分制度は、「士農工商」という順列ではなく

  • 「士」は支配階級として君臨する
  • 「農工商」は並列
  • 「エタ(穢多)・非人」は「士農工商の下」に位置付けられるのではなく、別個の身分階層として位置づけ

江戸幕府(や藩)が強制的に「えたやひにんとよばれる低い身分」の人々を生活条件の悪い所に住まわせた。

cakes(ケイクス)
cakesは2022年8月31日に終了いたしました。

おわりに(穢多と非人)

身分制度の話をして触れずには終われない穢多非人。

広島では部落差別の教育が盛んであり、やはり我々の親世代は未だに気にしている。

 

1871(明治4)年に明治政府は、太政官布告というものによって「賎民廃止令」

いわゆる「解放令」を公布し、

穢多非人の制度を廃止した。

 

穢多非人ノ称ヲ廃シ身分職業共平民同様トス

 

つまり、穢多非人は身分として存在し、身分が下とか上とかではなく別個に扱われていた。

 
 

この身分に対して差別的な意識が芽生えたのは、各藩による風俗規制が大きい。

[引用] 部落史研究の成果を組み込んだ社会科歴史授業の開発

 

たとえば広島の隣である山口(長州藩)は、

「平人」と交わった「えた」は島流しとする。

と、かなり厳しい罰則を規定している。

 

当然、この政策は、民衆の間に差別感情を形成させた。

この話は調査不足のため、ここではこれ以上は言及しない。

タイトルとURLをコピーしました