母校に戻りスーツを着て教育実習(数学)(3/4)

スポンサーリンク

実習の最大の山場「研究授業」となりました…。
 

 
数学研究室の先生方が8名見守る中、授業を行なうのです。
 

 
今まで適当な「指導案」で提出してきて、「板書計画」も書いた事無い…。
 

 
同僚に聞くと、毎回「ワープロ書き」らしいし…。
 

 

…やばい!

 

 
ちゅうことで、今回のみ「ワープロ書き」…
 

 
授業も真面目にする必要がある。
 

 

今まで時間通りに終わったこと無いんですけど…

 

 
う~ん、恥をかかないためにも、今回は…
 

 

「サクラ」計画~!

 

 
当てる個所を昼休憩に、こそっと生徒へ耳打ち…
 

 
ふうっ。
 

 
あとは、指導教案を先生方全員へ配布。
 

 
完璧だ!始めるぞ~!!
 

 
っと思っていたら、ある先生から、
 

 

教案の計算式間違ってるよ?

 

 
………。
 

 

 

よっし!研究授業終了~!
 

 
・無駄の無い説明…
 
・素晴らしい板書…
 
・生徒の熱心度…
 

 
完璧…!
 

 
1分の誤差も無い指導案通りの展開!
 

 
これだけの凝縮内容で、たった50分間~!
 

 
終了後、陶酔感を覚えていた私に、ある先生が一言
 

 

君の今日の範囲、昨日10分で終わったんだけど…

 

 
………。
 

 

 

研究授業が終われば、あとはこっちのもの。
 

 
授業やりつつ、雑談しつつ、奇術しつつ…ってオイ!
 

 
ちょうど文化祭の準備期間でしたから、生徒も居残り…。
 

 
居残り生徒に準備そっちのけで、雑談に華が咲く。
 

 
翌日、先生が準備状況を見て一言
 

 

間に合うかねぇ…?

 

 
…ってスミマセン。私のせいです…。
 

 

 

文化祭初日までが我々の実習期間。
 

 
生徒会のメンバーが頑張って「ソーラン節」をオープニング・セレモニーで熱演。
 

 
「クイズだよ!全員集合!」ではOX問題。
 

 
実習生も参加しなければいけないらしく、チャレンジ~!
 

 
「雑学」の帝王と言われたこの私を参加させたことを後悔するがよい。と
思っていたのが束の間、
 

 
「今年1月2日のサッカー部の応援でゆっきー(イメージ・キャラクター)がつけていた背番号は
101番である?」
 

 

って知るか~!

 

 
しか~し、なぜか敗者復活でフッカ~ツ!
 

 
「モナリザは右手が上である?」
 

 

…即終了

 

 
まあ、結果的に担当クラスの優勝。よかった、よかった。
 

 

 

なんとか2週間終了…。
 

 
最後に「寄せ書き色紙」を貰いました~!ワーイ。
 

 
その中の生徒のコメント
 

 

ありがとうございました。But、少し分からなかった。

 

 
ガ~ン…。
 

 


 
まぁ、良い経験をさせてもらいました~。
 

 
お前ら、残りの高校生活楽しめよ~!
 

※ 教育実習は教員を志す学生のために教員がボランティアで指導するものです。指導を希望する先生は少ないと認識した上で教育実習に望みましょう。

タイトルとURLをコピーしました