釣魚のリリースサイズ一覧(再放流まとめ)(協会と各県のルール)

スポンサーリンク

魚の「リリース問題」は荒れやすい話題。

 
 

稚魚の痛みが、まるで皮をむかれた白兎のように胸苦しく突き刺さってきました(泣

 
 

と言うような本気とも冗談ともつかないコメントを貰うことがある。

情緒表現豊かだね。

作家目指せば良いと思うよ、うん。

 

誰だって大きい魚が釣りたいさ。

でも、釣りってゲーだからね。

千葉市内の陸っぱりの時点で当選確率がジャンボ宝くじと同じミニを購入してるようなもんだわ。

持続的な漁業を支える為に、稚魚を捕まえた場合は再放流(バッグリミット)をするのが好ましい。

そのルールが魚種毎に決まっている県もあるが、一覧サイトが見つからなかった。

なので、まとめてみた。

将来の己を戒めるとともに、同じ轍をほかの人が踏まないように幾ばくかの参考になればという想いを込めて……。

それはまるで稚魚ばかりを捕獲する自分に課せられた義務のようなものだと考えている。

スポンサーリンク

JGFA(NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会)の再放流ルール

まずググってすぐに見つかるのが「JGFA(NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会)」のサイトにある再放流ルール。

JGFAでは、私たちのこよなく愛する釣りがいつまでもいい状況で続けられることを願って、将来のゲームフィッシュ資源を考えバッグリミット(釣った魚などを持ち帰る際の尾数、サイズの基準、制限)をさまざまな魚種で提唱し、実践していただこうと考えております。

JGFA はバッグリミットを推奨しています(2020) | HOTニュース-バッグリミット | JGFA NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会
「いい釣りをいつまでも」JGFAは、年齢・性別&#12...

一覧が次のように掲載されていた。

 

魚種 確保可能 尾数 備考
アイナメ 30cm以上 3 大型魚の保護のために40cm以上もリリースが望ましい
カレイ類 25cm以上 5 20cm前後で成熟
クロダイ類 40cm以下 1
サバ類 30cm以上 10 未成魚の漁獲は控えましょう
アジ類 10cm以上 30
シロギス 15cm以上 30
スズキ 60cm以下 1 大型魚を残すために60cm以上のスズキはリリース
メジナ類 30cm以上 2 30cmに達するのに7年かかる
メバル類 20cm以上 10 同じ釣り場からの持ち帰りが続かないように注意

…………。

…………。

 
 

持って帰れる魚種がいない……。

 
 

サバ類30cm以上って……陸っぱりじゃ滅多に釣れねーだろww。

そしてクロダイ、スズキは「40cm以下」「60cm以下」と書かれているよ?

僕、15cm未満なら幾らでも釣ったり捕獲してるけどオケなんだ?

目的がよく分からんな。

検見川浜・稲毛海岸にて玉網でガサガサ(ギマ、チヌ、メバル捕り)
先週に続いて稲毛海岸に来てみました。ここは、稲毛海浜公園内に日本で最初に造られたの人工浜です。千葉市で唯一の海水浴場で、いろいろな公園施設(ヨットハーバー、稲毛記念館、三陽メディアフラワーミュージアム、球技場、野球場、テニス...

釣りに関する各都道府県別のルール「漁業調整規則」

調べた結果、県によってルールがバラバラで、まとまったページも無いことが分かった。

唯一、1994年の「全国漁業協同組合連合会」に「海は銀行 魚は貯金」と称して、各県の規定をまとめている。

これをベースにしつつ、各県の最新情報を確認して更新した。

このルールに従えば、

 

漁業規定にある再放流サイズを守っているので持ち帰っても良い

 

と堂々と言える、と思ってる。

 

ここでは、規定が多い順に魚種を掲載しておく。

全魚種リストは「各都道府県の再放流(バックリミット)規定サイズ一覧表」に置いている。

各都道府県が定めた再放流が必要な魚種・サイズ一覧表
マダイ ヒラメ カレイ類 ワタリガニ メバル類 クロダイ類
JGFA 60cmより大 40cm未満 25cm未満 20cm未満 40cmより大
北海道 35cm未満 35cm未満
青森県 0才魚 35cm未満 20cm未満
岩手県 30cm未満 20cm未満
宮城県 30cm未満
秋田県 14cm未満 30cm以下
山形県 15cm以下 25cm以下 17cm以下
福島県 30cm未満
茨城県 30cm未満
千葉県 20cm以下 30cm未満
東京都 20cm以下
神奈川県 20cm以下
新潟県 14cm未満 30cm未満 13cm未満
富山県 13cm未満 25cm未満
石川県 13cm未満
福井県 13cm未満
静岡県 17cm以下 30cm以下
愛知県 13cm以下
三重県 17cm以下 30cm未満 13cm以下 10cm以下 12cm以下
京都府 10cm以下 25cm以下
大阪府 13cm以下 28cm以下 15cm以下 13cm以下
兵庫県 13cm以下 25cm以下 17cm以下
和歌山県 13cm以下
鳥取県 13cm以下 25cm以下
島根県 15cm以下 30cm以下
岡山県 14cm以下 28cm以下 16cm以下 15cm以下 12cm以下 15cm以下
広島県 13cm以下 20cm以下 13cm以下 3cm以下 10cm以下
山口県 15cm以下 25cm以下
徳島県 15cm以下 20cm以下 15cm以下 抱卵ガザミ
香川県 14cm以下 29cm未満 16cm未満
愛媛県 15cm以下 20cm以下
福岡県 13cm未満 20cm未満 12cm以下
佐賀県 15cm未満 20cm未満 12cm以下
長崎県 15cm以下 25cm以下 12cm以下
熊本県 15cm以下 20cm以下 12cm以下
鹿児島県 15cm以下 25cm以下

「カレイ類」としているが「マコガレイ」か「マガレイ」に対する規定で、「イシガレイ」を規定している県は無かった。

傾向としては魚種が豊富な北の地方はより厳し目なサイズ規定となっているようだ。

以降は付録としてイラストで説明していたり、地元および特徴が目立った代表的な県に関して紹介しておく。

青森県(東北地方)

カレイ類は「青森県における漁業者による資源管理型漁業の取組状況(小型魚等再放流関係)」の中で種類によって再放流サイズが規定されていた。

  • マコガレイ・・・再放流(20cm未満)
  • マガレイ・・・・再放流(15cm未満)
  • ムシガレイ・・・再放流(20cm未満)
水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト
水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

北の地域は「カレイ」や「アイナメ」は大切な資源だからね。

岩手県(東北地方)

岩手県内では「魚類の資源管理計画」に基づき、ヒラメ(平成8年8月~)、マコガレイ(平成13年8月~)の規制に取り組んできた。

が、対象魚種としてアイナメとミズダコ(平成18年8月1日~)を新たに加えたそうだ。

http://www.itgyoren.jf-net.ne.jp/sigen.htm

このように、再放流のサイズがアップしたり魚種が増えたりは多くの県で見受けられた。

新潟県(中部地方)

新潟県の水産業と県の取組(農林水産部水産課)」に次のように書かれている。

面白いのは「シロギス(12cm未満は放流)」が入っていること。

山形県でも規定があったが、南の地域が多そうなイメージがあるが違うのかな?

にいがたの漁業Q&A - 新潟県ホームページ
新潟の漁業(資源管理型漁業)に関する疑問とこれの回答を示します。

千葉県(関東地方)

今住んでいる千葉県は「ヒラメ」「マダイ」「キンメダイ」程度しか規定がない。

そして、

ヒラメは小型魚(全長 30cm 未満,底びき網は 25cm 未満)の再放流

と書かれているが、なぜか底引き網の場合は甘い数値。

なお「再放流定規」というものが存在するらしいが、全くネットで情報が出てこなかった。

千葉県漁業協同組合連合会|千葉の漁業
千葉県漁業協同組合連合会は漁業関係者全体の安定と発展を計るとともに、消費者への情報発信と、魅力ある水産物の提供を行ってまいります。

三重県(近畿地方)

三重県の伊勢農林水産事務所が発行している「みえの水産2010年度版」という資料の中では、 三重県資源管理・密漁防止対策協議会で次のような規定で再放流する大きさを決め指導している。

「クロダイ(チヌ)」や「ガザミ(ワタリガニ)」が入っているのは南の地域の特徴だ。

大阪府(近畿地方)

色々な魚種を規定していた。

釣りなどを楽しむ遊漁者の皆さんにとっては、海はレクリエーションの場ですが、漁業を営む漁業者にとっては大切な仕事の場です。

皆さんも資源保護のため、小さな魚は海に返すことへのご協力をお願いします。

と、「オニオコゼ」「アナゴ」「シャコエビ」なども規定している。

小さな魚は海へ返しましょう
遊漁者の皆さんへ 小型魚再放流のお願い古来、大阪湾は「茅渟(ちぬ)の海」と呼ばれるほどにチヌをはじめとする魚介類の豊富な海でした。しかし、近年、漁場・生息環境等の悪化にともない、漁

「ハオコゼ」なら沢山釣ってきたが「オニオコゼ」の稚魚って、そんなに釣れたっけ?

岡山県(中国地方)

岡山県における再放流について」で、もっとも多くの魚種の再放流ルールを規定している。

キュウセン(ギザミ)まで規定しているのは珍しい。

広島県(中国地方)

我が地元。

広島湾小型機船底びき網漁業資源回復計画素案」に次のように書かれている。

瀬戸内海漁業取締規則,広島県漁業調整規則により,採捕禁止期間,体長等制限及び操業 禁止区域,漁具・漁法が規定されている。

根拠法令等 管理措置内容
瀬戸内海漁業取締規則 マダイ 全長 12cm 以下の採捕禁止(7/1~9/30)
広島県漁業調整規則 クロダイ 全長 10cm 以下の採捕禁止(7/1~10/31)
メバル 体長3cm 以下の採捕禁止(3/1~9/30)
ナマコ 4/1~10/31 まで採捕禁止
ガザミ 全甲幅 13cm 以下の採捕禁止
クルマエビ 全長 10cm 以下の採捕禁止

 

メバル3cmって冗談でしょ?

 

13cmの誤りじゃないのか?

と思って別サイトも確認したが間違いじゃないようだ。そして こちらでは、「ボラ」「メナダ」「コノシロ」「サヨリ」まで規定されていた。

海(海面) 体長等の制限・禁止期間 - 広島県
広島県漁業調整規則による体長等の制限・禁止期間

コロシロが7cm以下は捕獲出来ないので、寿司名物のシンコは一般人は捕獲出来ない。

4~5cmまでの幼魚を「シンコ」、7〜10cmくらいを「コハダ」、13cm前後を「ナカズミ」と呼ぶ

更に、他の県同様に「マダイ」「ヒラメ」の規定も発見したが、マダイの再放流サイズが前述と異なる。

魚種 管理措置内容
トラフグ 全長 10cm 以下の再放流
マダイ 全長 13cm 以下の再放流
ヒラメ 全長 20cm 以下の再放流

徳島県(四国地方)

平成23年度の「資源回復計画推進事業 – 徳島県」に記載があった。

これまで自主的に実施してきた取組内容を継続あるいは強化するとともに,新たに,ヒラメ,マコガレイ,クルマエビの小型個体を再放流する(表1)。

四国は高知県は海水魚の再放流規定が見つからなかった。

熊本県(九州地方)

熊本県広域資源管理推進計画」に次のように書かれている。

マダイ全長 15cm 以下
ヒラメ全長 20cm 以下
は再放流

この辺りは他県と同じ。

ガザミについては、有明海ガザミ広域資源管理方針に基づき

全甲幅長 12cm 以下の小型ガザミは再放流

となっている。

有明海の規定なので隣接県も同じサイズ規定。

まとめ

「ヒラメ」や「マダイ」の再放流に関しては多くの各都道府県で決まっているようだ。

「カレイ類」や「ワタリガニ(ガザミ)」に関しても多い印象は受けた。

サイズは県ごとにバラバラなので最大値を選択すれば解決だが、15cmのカレイはやっぱり持って帰りたい……。

タイトルとURLをコピーしました