サーモンって何?鮭の代用魚?(ニジマス・アトランティックサーモン)

スポンサーリンク

【日本のくら寿司での人気ベスト3】

1位 熟成マグロ
2位 サーモン
3位 ハマチ

【台湾のくら寿司での人気ベスト3】

1位 トロサーモン
2位 炙りサーモンてりマヨ
3位 熟成マグロ

 
 

なるほど、なるほど。

サーモンが大人気。

 

で、

サーモンって何?

偽装魚等の調査でまとめたスピンオフネタだ。

でも、ググって分かることしか書かれてないので、ずっとお蔵入りだった。

新規性が無いなー。

スポンサーリンク

「サーモン」って何?

最近では、スーパーなどで購入できる種類も増えてきたことから、

「どの料理で使えばいいのかわからない」

「どの鮭が美味しいのかわからない」

と買い物の際に悩む人もいるだろう。

以前、そんな悩みがスッキリしそうな「鮭の一覧表」がTwitterに投稿され、話題となった。

投稿したのは「王子サーモン株式会社」。

画像には、6種類の鮭の「切り身の色・全体の姿」や「主要産地」「天然養殖の比率」「特徴」が紹介されている。

 
 

が、これはサーモン専門会社発信の記事。

 

正式名称を「お客が混乱する」という表向きの理由で記載していない・・・

 

ちゃんと書きなさいよ。

 

紅鮭(ベニサケ、ヒメマスだよ
白鮭(シロザケ、いわゆるサケだよ
銀鮭(ギンザケだよ
キングサーモン(本当はマスノスケだよ
アトランティックサーモン(実はサケ属でなくサルモ属だよ
サーモントラウト(本当はニジマスだよ

キングサーモンはサケか?サーモンか?

サーモン

本来キングサーモンを指すが、回転寿司店のサーモンの多くはアトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)とトラウト(ニジマス)だ。

[引用]【食】安い回転寿司の吐き気がする事実 ~代用魚・添加物・薬剤~

 
 

でた!

 

出典なくして、

本来は「キングサーモン」

 
 

指さねーだろ!

勝手に定義して嘘を広めるんじゃねーよ・・・・

 
 

ニジマス食べて吐き気するのは持病じゃないのか?

・・・・まず病院行けよ。頭悪いな、このオッサン。

 
 

キングサーモンの和名は「マスノスケ」。

日本でも捕獲可能だ。

ネットで分類図を見つけた。

 

[引用] FRAニュースNo.16(2008年10月)の「特集サケの仲間たち」より
 
 

サケ属多いな・・・。

アトランティックサーモンはサケか?サーモンか?

日本にサーモンを広めたのは、日本で漁業関連の仕事をしていたノルウェー人のビョーン・エイリク・オルセン (Björn Eirik Olsen) 氏。

[引用] HOW NORWEGIAN SALMON RAWED TO SUCCESS IN JAPAN

 
 

彼が生の鮭に「サーモン」と名付けて売り出した。

日本国内でサーモン(生鮭)を食べるようになったのは1986年以降のこと。

日本で「鮭」として売られているものは、北太平洋と北極海の一部に生息するシロザケが多い。

シロザケは、アニサキスやサナダムシなどの寄生虫がいる事が多く、生では食べられない。

 
 

 
 

要するに寿司の「サーモン」とは、ノルウェーから輸入される

「アトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)」

を指す。

ニジマスはサケか?サーモンか?

アトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)の事情はわかった。

ニジマスが「サーモン」って何よ?一番解せない。
 
 

ニジマスは、1877年(明治10年)に明治時代の水産官僚「関沢明清」が米国カリフォルニア州で養殖技術を学び、卵が持ち帰り放流して繁殖した。

今では

要注意外来生物(外来種)

だ。

ニジマス / 国立環境研究所 侵入生物DB

 

こいつ外来種だったのか・・・。

でも、食料資源として「美味しい」ためブラックバスとは対照的な扱われ方になっているそうだ。

[引用] 山の水族館 ニジマス看板より

 

さらに、ニジマスは1988年以降、形態学的、遺伝学的見地から、ニジマス属からサケ属に移された。

そのためニジマス属はなくなり、今ではアトランティックサーモン以上にサケだ。

 
 

前述のアトランティックサーモンは、サケ属ではない。

でも、ニジマスやヤマメはサケ属だ。

イトウやイワナはサケ属でないらしい。

イミフ。

 
 

因みに、私のニジマスのイメージは、こんな感じ。


 
 

アマゴ(サケ属)、イワナ(イワナ属)、ヤマメ(サケ属)も同じ。

が、「ニジマス」を海で養殖することで「トラウトサーモン」という名前となった。

 
 

今では

「鮭弁当」
「鮭おむすび」
「鮭茶漬け」

も「トラウトサーモン(ニジマス)」が使われている。

2014年に消費者庁が

味や肉質から広くサケとして定着している

理由で表示偽装ではないとした。

いささか詐欺まがいの手法だ。

ただし、漁業団体の圧力を受けている日本政府はこのやり方を認めており、ニジマスが堂々と「国産サーモン」としてスーパーや食卓に並ぶことになった。

 
 

ここは正直に「ニジマス弁当」「ニジマスおむすび」「ニジマス茶漬け」という名前にして欲しかった。

勘違いする人増えるなー。やめてほしい。

まとめ

もともとは、

  • 降海型(川から海に降る)のサーモンをサケ
  • 陸封型(川だけで生活)のトラウトをマス

と呼んでいた。

でも、どちもサケ属だったりする。

 

サーモンの刺身や焼きサーモンを食べてシロザケの味と区別がつくなら正常だ。

何度も言うけど吐き気はしないよ。病院行きなよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました