ねほり.com

何もないから何かみつかる

また職務質問・・人生で何度目だ?

      2020/07/18

23:10頃、ようやく帰社してJRの改札内に入ったところ、女性警官二人に止められました。

よほど不審者に見えるのか、何度も職務質問は経験済みです。

日記のネタにも時々出てるね。

今回は婦警だったので、ちょっぴり嬉しかったですが、身分確認が入り長かった・・・

 
 

婦警A「終電大丈夫ですか?」

私「はあ・・・」

婦警A「こんな時間に何を?」

私「仕事あがりですが・・・」

婦警A「どこで働いているのでしょう?」

私「いや、改札でたすぐそこのビルで・・・」

婦警B「身分証明書ありますか?」

私「はい。保険証でよいですか?」

婦警B「この姓は何と呼びますか?」

婦警B「住所は間違いないですか?」

婦警「確認するので、しばらくお待ちください」
 

婦警A「仕事は何をしてますか?」

婦警A「在宅ワークではないのですか?」

私「はい、家で仕事できないので・・・」

婦警A「カバンの中開けてもらえますか?」

私「はい。開けてもらって良いですよ。」

婦警A「パソコンしか入ってませんね・・・」

私「はい、仕事あがりなので・・・」

 

(多分、この辺りで特に危険がない人物だと理解した)

 

・・・無理やり会話をひねり出す婦警。

婦警A「いつも、こんな時間なのですか?」

私「今日は、早い方ですね」

婦警A「会社に泊まったりしてますか?」

私「私はよくあります」

婦警A「苦笑い)」

婦警B「身分確認とれました!」

婦警A「協力ありがとうございました・・・」

私「はい・・・」

 
 

なんで、こんなに職務質問が多いの!

しかも改札入り口とか、皆の注目の的だよね・・・

なにこれ!

自分の仕事って何?

お仕事は何をされてますか?
 
 

とっさに「製品作ってます」と婦警には伝えたが、
 
 

作ってねーよ!

 
 

パワーポイントしか作ってないよ。
 
 

「プレゼン資料の使い回しをすればいいじゃん!」

と思うが、私は相手に合わせて資料を作り込みたくなります。

そのようなパワーポイント使いを社内では「パワーポッター」と呼びます。

パワーポッター

 
 

飛行機に乗った時にも「職業」欄がある。

いつも困る。
 

エンジニアとして雇われ、エンジニア力がなくプロジェクト部隊に回された。

でも、プロジェクトリーダーをしてるわけでもない。

チームリーダーだったが、今はチーム一人。

なんだ、これ?

 
 

世の中的には品質戦略を考える「データアナリスト」が近いのかなぁ・・と思ってます。

職務質問はどのような人に対して行われているのですか?

次のように書いてありました。

一定の不審事由のある人に対して行われます
職務質問は無制限に行えるわけではなく、挙動や服装その他の事情から何らかの犯罪を行いそうか、 あるいは行おうとしていると疑うに足りる不審事由が必要です。

単に疲れて帰宅しようとしてる、社畜だよ。

服装?髪の毛?挙動?

うーん、15年ぐらい何も変えてない。

服も同じブランドの似たデザインを補充し続けてる。

フォーマルもカジュアルも土日も自宅も春夏秋冬で同じ格好。

結婚式だって、入学式参加だってこの格好だから!

釣りも富士山登山だって同じだったから!

 

でも、それで15年ぐらい職務質問受けてるけどね・・テヘペロ(・ω<)  

ところで、職務質問されたことを笑い話にしている人をたまに見かけます。しかし、客観的に見て「どこかがおかしい」「怪しい」と思われているから、職務質問の対象となっているのもまた事実です。決して威張って話すような内容ではありません。

むむむ、私のことか・・・
 
 

どこかの調べで、男性の20%、女性の8%が警官から職務質問されたとあった気がするが・・・。

 - 2020年(社会人16年), 未分類

  関連記事

パラダイムシフトを生き抜く

Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo …

ノートパソコンの熱暴走によるシャットダウンを何とかする

5月25日に改正新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が解除されまし …

バイトや研究、釣りをした一週間の回想

う~ん、この一週間は大変だった…    研究計画の発表があっ …

機械学習で株予測(3点チャージ法の有効性検証)

前回、機械学習で解いた学習モデルが勝率50.48%、プロフィットファクター1.1 …

花見川で初めてのミミズでテナガエビ釣り(千葉市花見川区)

日経平均株価は2万3000円まで到達し、10日で25万円稼いだという同僚が言って …

KaggleのDigit Recognizerで画像分析(Pytorch編)

これまでディープラーニング(深層学習)の実装にはKerasを利用していました。 …

KaggleのHome Credit Default Risk体験(Keras、Pytorch編)

Kaggleの過去Featured問題「Home Credit Default …

VinePlus(3.0系列)に私の自作ソフト掲載決定

February 15, 2005 なにやら一通のメールが届いてました。 &nb …

sand氏のかつての空売りシステム有効性検証(protraシストレ)

システムトレードをずっと放置していましたが、新型コロナウイルス時に実践してたらど …

Raspberry Pi3でScratch1.4を動かしゲームを作ってみる(小学生にプログラミング教育は必要?編)

今年(2020年)より小学生でのプログラミング教育が必修化されます。 既に201 …