ねほり.com

何もないから何かみつかる

BNF氏の逆張りスイングトレードの有効性検証(protraシストレ)

   

BNF(小手川隆)氏の「乖離率」逆張り投資手法のバックテストを以前紹介しましたが、結果が良くなかったので再紹介します。

BNF氏の手法とは?

おさらいです。

【買いルール】

25日移動平均線乖離率が次を満たす場合に翌日の寄り付きで購入します。

  • 薬品株・・・約5~10%
  • 電機株・・・約10~15%
  • 食品株・・・約7~10%
  • 化学株・・・約7~10%
  • 証券株・・・約5~10%
  • ハイテク株・・・約10~15%

※大型株の場合の目安なので、対象は日経225採用銘柄とします。

【手仕舞いルール】

次を満たす場合に翌日の寄り付きで手仕舞いします。

  • 利益10%以上
  • 損失15%以上
  • 10日以上保有していた

「買った銘柄が乖離率0%に戻っていく過程で売る」より安定した手仕舞いルールだと思うので変更しました。

ソースコード

Nehori.ptはProtraの使い方応用編に記載しています。

カテゴリに分けた銘柄の平均値(切り捨て)を閾値として計算しています。

バックテスト結果

平成10年からバックテストを開始していますが、ツールのバグ?なのか平成12年からしか計算してくれません。

結果は勝率8割超え、PF(プロフィットファクター)1.5超えです。
 

ついに聖杯に辿りついたか!

 

100万円の投資額で、19年後には611万円になってます。

 

利益曲線は次のとおりです。

2

多少の増減はあるけど、ほぼ単調増加です。

閾値が多数あるので、微調整次第で利用できる手法になるでしょう。

それをカーブフィッティングと呼びますが・・・。

まとめ

聖杯のように見えるシステムでも、実際に運用できるものは少ないのが現状だと思います。

絶対確実に利益が上がることが事前に保証されているストラテジーなどこの世には存在しません。

株価は生物です。

いかなる損益も、当サイトは責任を持ちませんがメールにてコメントは大歓迎です。

 - 2017年(社会人13年), 投資, システムトレード

  関連記事

去年の反省と2017年の抱負

2016年の鏡リュウジの占いは次のとおりでした。 秋以降は、意外な仕事がきっかけ …

うねり取り手法の神髄(板垣浩氏編)

林輝太郎氏・立花義正氏・板垣浩氏は、正統派ともいうべき相場師達です。 以前、うね …

KerasのFunctional API Modelの構造を理解する(ディープラーニング)

Kerasには2通りのModelの書き方があります。 Sequencial Mo …

うねりチャート底値買い投資術(うねり取り手法:上岡正明氏編)

四季報に出ている日本の企業を見ると、サラリーマンの限界は800万円~1000万円 …

うねり取り手法の銘柄選び(Python、Protra利用)

東京駅で2人の私服警官がいきなり出てきて、警察手帳を見せられた後、職務質問されま …

ダイドードリンコの株主優待が変更された

ダイドードリンコの株主優待が届きました。 今回からジュースから「ゼリーの詰め合わ …

1,2の3で株の利益は消えますからね

「俺はまだ本気出してないだけ」と本日、株の全力買いを始めました。 株暴落、終値下 …

量産型MVP(事業部内MVP 2017を受賞)

会社のソフトウェア事業部で「年間MVP」をもらいました。 事業部は150人程度の …

人工知能は神となり、人々の信仰対象となる

日記を書くことを最低月2回と決めて続けてきましたが、最近は辛いです・・・。 本業 …

前日比-10%投資法の有効性検証(protraシストレ)

システムトレード可能なバックテスト環境という「聖杯」を手に入れた。と喜んでいまし …