JSのグラフライブラリ・アニメーションライブラリの現状トレンド

スポンサーリンク

JSライブラリは多種多様に存在する。

スポンサーリンク

グラフィックライブラリのトレンド

グラフィックライブラリは特に多い、多すぎる。

FusionCharts 、HighCharts 、 Google Charts 、 Sencha ExtJS Charts 、 Chart.js 、 Flot 、 jqPlot 、 amCharts 、 gRaphaël、chartist.js、c3.js 、Canvas.js、plotly.js、taucharts.js、sigma.js などなど。

今まで個人サイトのものを使ってたけど、先週 Chart.js に乗り換え始めた。

が、そもそも今選択するなら何がよいのか調べてみた。

1

HighCharts は人気だけど、商用は有償なので検討しないことにする。

Highcharts Single Developer License : 57,213 円

Google Chartsを採用するのが正しいようです。

業務でamChartsを使っている人もいたので、更に細かく比較してみた。

2

Google Chartsを使わないのであれば、Chart.jsを使うことで、特に問題なさそうです。

グラフィカルなグラフが簡単に書けるようです。

便利な世の中になりました。

アニメーションライブラリのトレンド

インタラクティブコンテンツを制作するには、さまざまなJavaScriptライブラリがあります。

2D系エンジン

これも沢山ある。

CreateJS、Arctic.js、enchant.js、Pixijs、Processing.js、phina.js、animate、Cocos2d-html5

国産のphina.jsが人気そうに見えたので、使ってみたが本当に人気なのかな?

CreateJSはFlashと非常に親和性の高いHTML5フレームワーク。adobe社が作ってる。

Pixijsは、機能は少ないが、とにかく描画が圧倒的に速い。

pixijs-v4-logo

phina.jsは、ゲームエンジンというよりもより総合的なフレームワーク。tmlib.jsの後継。

Clipboard01

世の中のトレンドはPixijsかなぁ・・・、よく分からない。

3D系エンジン

こちらは処理速度の問題で少ない。

three.js

まだUnity使うのが正しいようです。

タイトルとURLをコピーしました