6月29日はサン=テグジュペリ生誕祭

スポンサーリンク

6月29日は「星の王子さまの日」。「星の王子さま」の作者「サン=テグジュペリ」の誕生日(生誕113年)です。

そこで関越道(上)寄居星の王子さまPAの生誕祭に行ってきました。大切なものは目に見えない!

 
 

星の王子さま

 著作権は切れていますがトレース画像

 
 

逆を言えば「粗末・不要なものだけ目に見える」・・・

 
 

前回、後輩が「1年半で4000万円稼いで起業&退職」した事を日記に書いたが、言いたいことは額じゃないんです。

私は日記を振り返ると12年前から起業説明会に参加しているようです。

7年前にも起業ガイダンスに参加してるな・・・。

 
 

12年間といえば、小学校卒業と同じ年齢です・・・

 
 

・・・私は12年前から時が止まってるね。

小学校2年の時の夢「デパートの社長」から数えると25年以上前からかも・・・

 
 

悲しさの中、大切なものを見つけるために星の王子さまに会いに行きました。

「寄居星の王子さまPA」は、王子さまの星と同じくらい小さなPAでした。

 
 



 王子さまの横顔を見つめるバラの花

 
 



 そもそも、イベントが風船配りと18:00からのケーキ配りだけ

 
 

どれだけ盛り上がっているかな?と思っていたけど全く盛り上がってませんでした。

箱根の「星の王子さまミュージアム」も豪華賞品があたる抽選券を配っただけのようです。

 
 

日に日に加速していく時代の波に 取り残されないために 息つくひまなく働きつづける点燈夫。

この世界にはどれだけ多くの点燈夫がいるのだろう・・・

 
 

この本を思い浮かべるたびに、常に自分の人生を自分自身に問いている・・・。

ちなみに世間では「現状から逃げるために「夢」を口実にしようとするタイプ」を「逃避タイプ」というそうです。

今の私か、、いやいや「俺はまだ本気出してないだけ!」

タイトルとURLをコピーしました