検索エンジン「Google」のパロディサイトが増える(1/2)

スポンサーリンク

自主プロが終わりません・・・

集中講義がまだあります。まだ大学に行く必要があります・・・

就職活動全盛期だと言うのにこんなことしていて良いのでしょうか・・・

しかも、今の時期になってウインドウ・マネージャにはまりました・・・

ウインドウ・マネージャ

いや、これLinuxなんですがね・・・・

qvwm をカスタマイズしすぎたら、こんなになっちゃいました・・・。

いつか方法が掲載されます・・・

本題こっち。

Google は膨大なデータに好き勝手にアクセスできる「Google Web APIs」 が公開されています。

この為かは知らないが、最近変わった検索が多いですね。

ちょっとマニアックな、 goog の面白検索を紹介しましょう~!!

まず一つ目は~!!

これは、検索フィールドに名前を入力すると、
Googleのデータベースがその名前をどう考えているかが分かります。

さっそく、「bill gates」と打ってみましょうね~!

bill gates is a hero(ヒーロー)
bill gates is a genius(天才)
bill gates is a good guy
bill gates is richer than you(金持ち)

bill gates

さすが、ビルちゃん!僕らのヒーロー~!!!

・・・・・と言うのが1割程度で・・・・

bill gates is the devil(デビル)
bill gates is satan(サタン)
bill gates is a wimp(弱虫)
bill gates is a wanker(まぬけ)

しまいの果てには・・・・

bill gates is killed in 1999(1999年に殺された)

bill gates

I can’t laugh at black joke・・・

笑えないネタでした・・・。

さて、お次に紹介するのが~!

世の中には不思議なことを考える人もいるわけで、鏡の国にGoogleがあったら・・・・・

それが、この「elgooG」!!!

すべて左右逆転の世界です。

アイコンから、スクロールバーまで全て逆・・・

実際に、検索キーワードも逆さで書く必要があります。

検索結果も逆さまです。

えっ?検索結果を どうやって、見たら分からないって?

鏡を使えば読めます・・・・

タイトルとURLをコピーしました