rss2.0

なんちゃって鶯教 何もないから何かみつかる

2013年09月10日(火) 子曰く、「吾 三十三にして立ち」

2020年の東京オリンピック開催決定による株価上昇に合わせて、月曜日朝一番に株を購入。

結果・・・・、たった10分で5万円失い確定売り・・・。朝から胃が痛い。。。



同年齢で最近起業したベンチャーの社長さんと週末にお会いしました。

  • 嫁の知り合いの奥さんの旦那と意気投合(フリーランスのデザイナー)
  • 一緒にサークルを立ち上げアプリを開発
  • デザイナーの男性が仕事を受けているコンサルタント会社を知る
  • 副業でコンサルタント会社から仕事をもらう
  • 給料の割が良いことが分かり、独立を決める。株式会社設立へ
  • 月に4件程度の企業内のiPadアプリとサービスを開発→売上2000万円以上

人との出会いは大切だということが良くわかった。



子曰く、「吾 十有五にして学に志し、三十にして立ち」

孔子は言う 「私は15歳で学問に志した。30歳で自信がつき 自立できるようになった。」



私は今月で33歳となります。。

孔子の教えより「3年」経過しましたが、自信もなく自立は無理です・・・・。

出世も同期と比べて3年遅れました・・・・。



改めて、新年に計画した「今年の目標」を再確認してみました。



  • 【済】体脂肪を 14%以下にする
  • 【済】お金を学問として勉強する(簿記)
  • 【済】月の不労所得を1.5倍以上にする
  • 【済】確定申告の勉強をする(青色申告)
  • 未知の世界を経験する
  • 海外旅行に1回以上行く
  • 英語力を向上させる
  • 技術関係の資格を取得する
  • 人脈つくり、社外活動を行う


鏡リュウジの今年占いは「てんびん座は、未知の場所に身を置くことで、運が開く」です。

残念ながら、住んでいる場所も働いている場所も3年間変化なしです。



35歳までは、人の心は柔軟性にとみ、新しいこと受け入れやすく、物事を学ぶ姿勢も積極的です。

ところが、多くの場合、35歳を過ぎたあたりから、過去にこだわり、変化に抵抗する心理状態に陥っていくそうです。

今こそ「自分が本当は何のために働いているのか?」を見直す時期です・・・・。



「事業を通じ己を磨き、世に貢献すること」
これが人が働く目的である



と結論付けている人がいました。



が、、、本当に、そんな大義名分があるのかな・・・・。

家畜が人間の奴隷となって働く理由はなんでしょう?

食肉牛が生きる目的ってなんでしょう?



インテージの調査によると、20~59歳のビジネスパーソンに何のために働いているか尋ねたところ、次のような回答が得られたらしい



割合理由
89.6%「生活のため」
72.0%「お金を稼ぐため」
31.4%「自分を成長させるため」
28.5%「プライベートを充実させるため」
18.6%「自己実現のため」


動物や昆虫が、せっせと蜜や食べ物を集めるのは「生活のため」です。

不労所得で年収が数千万円ある人なら、事業を通じなくてもボランティアなどで社会貢献できます・・。



仕事でやりがいを見つける余裕があったら、
私はプライベートの時間を充実させたい。





私の人生目標は次のとおり。

  • 自分の生きた証(ビジネスモデルと自分の会社)を後世に残す。
  • プライベートの時間を充実させ、ゆとりある生活を送る(海外 or 国内)。


そのために、今からの人生で心掛けることは次のとおり。

  • 自分の将来の可能性を減らさないように生きること
  • 自分の安売りをしないこと(人との出会いの質にこだわる)


22歳前後の頃は、コンピュータオセロ大会で優秀賞とったりベンチャー起業で働いたりバイタリティに溢れていた。。

33歳を迎える今こそ立ち上がり、今までの考え方をぶち破るような環境に身をおいてみるか・・・な。



もし現状に不満があったり、自分の生き方に疑問を感じているなら、自ら風を起こすことを考えるしかない。

チャンスは寝ていては来てくれない・・・・。


この日記にコメントする(はてなユーザのみ) → はてな