rss2.0

なんちゃって鶯教 何もないから何かみつかる

2013年03月14日(木) 尾崎豊が30歳まで生きてたら・・・・

会社に寝泊まり&土日出社で担当業務の認証試験に合格するために実装修正してました。

自腹のタクシーで走り出す、不具合箇所も解らぬまま、暗い夜のとばりの中へ・・・・ by 30の夜



ネコ
荒川区で日向ぼっこしていたネコ


10代の頃、尾崎豊「15の夜」を聞きながら、



とにかくもう、学校や家には帰りたくない



と、バイクにニケツしながら走り回っていた、あれから15年・・・



同期:
「30の夜は、学校にも家にも帰らなくいいです。
 会社に寝泊まりです。幸せなはずです。
 憧れていた世界にようこそ。」



なワケないから!!

尾崎豊が30歳まで生きてたら・・・・彼の歌詞は変わってたから!!



自腹のタクシーで走り出す、不具合箇所も解らぬまま、暗い夜のとばりの中へ
誰にも縛られたくないと逃げ込んだこの職で、不自由に慣れた気がした
30の夜



※ 本当は
「殴り書きの仕様書と、コードばかり見てる俺・・・」
「オフィスの中 Webを眺めて見つかれば逃げ場もない」
などと全歌詞考えたのだけど「替え歌が著作権違反」だそうなので、抜粋しました。



時間を売ってITドカタをしていては命が幾らあっても金は増えないです・・・。



時給というのは、需給の相場で決まってしまう。
どのくらい希少性があるのか。
医者や弁護士の時給は3万円、
世界の経営者にインパクトを与えるコンサルタントは極めてレアなので、
時給8万円をもらっている。

by 
時給800円と8万円――仕事をしていて、なぜ100倍もの差がつくのか
Business Media 誠 3月13日(水)11時53分配信


重要なのは10万人に1人、1万人に1人のレアな存在になること。

電車の中で寝ているのか本を読んでいるのか?こうした違いだけでも、2分の1、4分の1……となっていき、25人に1人にはなれる。

そして、ふたつの領域を混ぜれば「100人に1人×100人に1人=1万人に1人」になれる。



要は「一生勉強しろ」って事だけど、一生勉強しても時給8万円にはなれない気がするな・・・。

勉強する内容を知りたい・・・。


この日記にコメントする(はてなユーザのみ) → はてな