rss2.0

なんちゃって鶯教 何もないから何かみつかる

2011年12月31日(土) よいお年を。

父親「遊んでばかりいるんじゃない!リンカーンがお前くらいの年の頃は、薄明かりの下で本を読んでいたものだぞ」

息子「親父くらいの年の頃には、大統領になってたけどな」



facebook & twitter & foursquare & linkedin が世界的に流行した2011年



加えて「アプリの時代」というものが訪れようとしている。

iOSのアプリはすでに60万近くあり、Androidも40万近い。

10年前にWeb検索の戦いが始まったように、来年はアプリ検索が話題となりそうだ。



年末年始はどこにも行かなかったので、特に書くことないです。

・・・・。

今年も微妙だったな・・・。

・・・・。

年のせいか最近アクティブに行動してないな・・・。

・・・・。



皆さん、よいお年を。


この日記にコメントする(はてなユーザのみ) → はてな

2011年12月22日(木) ネクスト and ポストソーシャルは何か?

検索は「過去」、ツイッターは「今」、「未来」の情報は人からとる。

最近は「キュレーション(ある視点のもとで情報分類・共有する)」が話題となっている。



ポストソーシャルに関しては調査中だが、フォーブズ誌の予測する2020年の未来は次のようなものだ。

  • 店に行って服を買う必要はなく、道行く人を見ながら欲しい物があれば、その場で買うことができる
  • それを食べたらどういう影響があるか、体調やがどうなるかが一目瞭然となる
  • その人がソーシャルメディアでどういう評判を得ているか(Whuffie(ウッフィー))がすぐに分かる


個人的な考えとしては、上記に加えて「レコメンドネイティブ」「デフォルトログ」の時代がくる気がしてる(勝手に命名)。



先輩・友人の行動パターンの全てがデータベースに蓄積されることで、

「○○弁護士は12年前の今日、今から1時間勉強しました。○○弁護士を目標にするなら勉強を開始してください。」

「あなたの現在のスキル・能力から考慮した将来像は、この人です」

などと未来へ誘導してくれる秘書サービスが発達する、、気がする・・・・



レコメンドに従って当たり前。

レコメンドサービスに逆らう人は、デジタル時代に紙と鉛筆を愛するような人と化する。

まぁカーナビみたいなものです。逆らってもよいけど精度が高まるにつれ、それは無意味だ。



ちなみにフォーブス誌のいうWhuffie(ウッフィー)が分かる仕組みは「klout」が一番近そうだ。


ソーシャルメィア・アカウントのネット上での影響力」を定量化するklout



あるアメリカ航空会社は、Kloutスコアの高い人限定で旅行をプレゼントするキャンペーンを実施。

あるロサンゼルスのホテルは、Kloutスコアの高い人に「よい評判」を発信してもらうため、宿泊予約時に参考にしている。



サイトのアクセス数・SEOに夢中になった10年前。

今は Kloutスコアを伸ばすために日々知らない人から「友達リクエスト」が届いています。