rss2.0

なんちゃって鶯教 何もないから何かみつかる

2009年09月30日(水) 韓国で冬のソナタ体験してみました

韓国にフリープラン6泊7日で行ってきました。



春川のミソナムへ行き、メタセコイア並木通りで撮影
JASRACにお金払いたくないので、、曲なし・・・



「新潟まで自転車旅行」より辛かった・・・



ソウル市以外の「世界遺産」は山奥にあり、ほぼバックを担いだハイキング旅行でした。



ギリギリのスケジュールで、世界遺産到着時は常に「夜」

石(墓)
市外の多くの世界遺産は石です(江華の支石墓遺跡)


泊まったホテルは男2人で、毎回「ラブホテル(MOTEL)」

MOTEL
タクシーの運ちゃんの薦めで異国のお城に泊まりました


旅先では何度も「フィリピン人」に間違えられ・・・

フィリピン
釜山 海雲台(ヘウンデ) 月見の丘(タルマジッコゲ)


料理屋では「犬鍋」を食べさせられ・・・

犬鍋
犬肉の補身湯(ポーシンタン)、泣きながら食べました・・・


言葉も分からないのにタクシー運ちゃんと毎回喧嘩!



日本語「世界遺産のコインドル(石墓)を見に行きたいです。」

韓国語「え?こんな時間から?無理無理、見えないよ!」(推定)

日本語「今日見ないと明日は別の予定があるんです!見えなくてよいです。」

韓国語「市内と違って真っ暗だよ。写真何も写らないよ!」(推定)

日本語「いやいや、懐中電灯あるから大丈夫です。」

韓国語「ペンライトじゃ駄目だよ。山奥にあるから!」(推定)

日本語「いやいや・・・。ツベコベ言わず連れて行け!」



会話できなくてもハートがあれば無問題です!

タクシーの運転手
最終的には案内もしてもらい、一緒に笑顔でハイチーズ(和順(ファスン)支石墓)


なにより韓国人は面倒なくらい日本人より世話好きで優しいです。


ソウル近くの世界遺産では、観光客の8割が日本人。

定時に開催される無料日本語ガイドには100人ぐらいが群集となり、マナーも最悪。

マナー
ソウル市の昌徳宮の一幕(全員日本人)


それを見ていた海外の女性の方に

「The Japanese(日本人ってさー)」

と言われてました・・・。「恥はかき捨て」精神は如何なものか・・・


この日記にコメントする(はてなユーザのみ) → はてな

2009年09月20日(日) 大まかな予定表をアップします

面倒になって今回は事前調査がホボなしです・・・。有名地域&世界遺産を見たい。

韓国
韓国 6泊7日 世界遺産フリープラン

  • 9月21日(月)
    • 【世界遺産】江華の支石墓遺跡
  • 9月22日(火)
    • 【世界遺産】水原華城
    • 【世界遺産】昌徳宮
    • ソウル観光
  • 9月23日(水)ソウル
    • 【世界遺産】朝鮮王陵の獻陵・仁陵観光
    • 【世界遺産】宗廟
    • 春川(冬のソナタ巡り)
    • ソウル観光
  • 9月24日(木)光州
    • 【世界遺産】高敞の支石墓群
    • 【世界遺産】和順の支石墓群
  • 9月25日(金)
    • 【世界遺産】海印寺
    • 【世界遺産】慶州歴史地域
  • 9月26日(土)
    • 【世界遺産】石窟庵
    • 【世界遺産】仏国寺
    • 釜山市内観光
  • 9月27日(日)
    • 釜山市内観光

覚えて役立つ韓国語



さようなら 안녕히 계세요アンニョンヒ ケセヨ
日本 일본イルボン
○○へ行きたい ○○ カゴ シプンデヨ
○○はどこですか?○○ オディエオ
1個、2個 ハンゲ、トゥルゲ
すみません! ヨギヨ
必要ありません 필요 없어요ピリョ オプソヨ
このバスは○○へ行きますか?イ ボス ○○ エカヨ
下さい 주세요ジュセヨ
これ 이것イゴ
取り皿 アブチョブシ
ビール メクチュ
会計をお願いしますケサネ ジュセヨ
出発は何時ですか?チュルバレン ミョッシエヨ

反省:会話本は海外旅行用を買うべきでした・・・

購入した本は、使いたいフレーズが全く載ってないです。

2009年09月14日(月) 人生初の海外旅行

今年から「ゴールデンウィーク」に対抗して9月末の大型連休を「シルバーウィーク」と言うらしい。

「敬老の日」「ゴールド」に合わせて「シルバー」かな。



シルバーウィークに、

人生初の海外旅行に行きます!


私「3泊4日ぐらいで海外旅行をお願いします」

HIS「この時期は、どこも満席でして・・・」



ということで、別途、飛行機だけ予約・・・・

妥協に妥協を重ねて、、唯一空いていた国&フライト日より



6泊7日の完全フリー「韓国旅行」になりました!

ホテルが空きがないので、現地で調査になりました!

カバン一つのバックパッカーな旅になりました!


同伴者は「新潟まで自転車」「山手線徒歩一周」を共にした同僚男の体力バカとになりました・・・



私は初なのに無茶苦茶です。