rss2.0

なんちゃって鶯教 何もないから何かみつかる

2000/12/24 「詐欺商法」

なるほど、最近「手にした瞬間金運が舞い降りる!」
なんて売り出している広告をよく見かける。
果たしてこの内容を全て鵜呑みして良いのだろうか

「こんなにも反響が!」「私はこれで成功した!」
幸せが舞いこんできた人はこの様に語り、広告に掲載されている。
手にしている人は幸せが舞い降りる。この事実は確かに間違い無い。
なぜなら大抵この手の商品は「幸せが舞い降りなければ返品可」だからである。

もし、正確なデータを求めたいならば、余事象つまり
「幸せが舞い降りなかった人」の統計及び声を載せなければ意味が無い。
「成功する!」として売っているのだから、成功して当たり前。
それならば、成功しなかった人の声を掲載して、統計を取らなければ、
全く信用がおけないと言う事になる。

しかしながら、この手の商品は売れている。それだけ、世の中に不満がある証拠であろうか…

この日記にコメントする(はてなユーザのみ) → はてな