ねほり.com

何もないから何かみつかる

KerasのFunctional API Modelの構造を理解する(ディープラーニング)

      2018/05/14

Kerasには2通りのModelの書き方があります。

download (1)

Sequencial Model と Functional API Model です。

【Sequential Model】

Sequential モデルは単純に、今の層のそれぞれのノードに、前の層の全ノードから矢印を引っ張ってくるイメージです。

Functional API Model

こちらの方法では、2 つのニューラルネットワークの出力を入れてみたり、レイヤーを共有してみたりと、複雑なことができるようになります。

 
 

前回、よく分からなかったコードは、Functional API Modelで書かれていました。

なるほど・・そもそも論が分かってなかったです。

Sequential Modelでは自由度が低いそうなので、Functional API Modelに最初から慣れた方がよいそうです。

また、慣れてくるとFunctional API Modelの方が直感的に思えてくるそうです。

まだ何も理解してないので、それならFunctional API Modelから始めることにします。

ディープラーニングを学習するには、この本がオススメです。

Functional API Model

書き方は次のようになります。

  • Input関数で入力として受け付けるデータの次元を指定
  • 加えたいレイヤー関数の入力それ以前のレイヤー情報を指定して、変数に入れていく
  • Model関数で入力と出力を指定

理解したいコードは次の部分です。

うむ・・、分からないので、モデルを図示化してみましょう・・・。

Kerasのgraphvizモジュールで学習モデルを可視化

kerasのモジュールを使って、モデルの可視化ができるそうです。

ネットワークの構造を目で確認できるというのはかなり大きいと思います。

graphvizとpydotをインストールします(例:Windowsの場合)。

使い方は、plot_modelモデルを関数に入れるだけです。

【出力結果】

model

入力層

まず、Input関数で入力として受け付けるデータの次元を指定します。

shape は入力の次元を表しています。
(10, 1) という表記は、10 という要素だけもつ Tuple(配列みたいなもの)という意味です。

隠れ層(中間層:intermediate layer)

リカレントニューラルネットワークの一種であるLSTM (Long short-term memory) を中間層に利用しています。

ノード数が300で、入力が inputs であるような層です。

Activation(活性化関数)は「relu」を利用しています。

出力層

ノード数が1で、入力が x であるような層です。

予測株価を活性化関数「linear」、株価の増減を活性化関数「sigmoid」を利用しています。

dense は「密な」という意味で、前の層のすべてのノードから、この層のすべてのノードに対して矢印が引っ張られるから、こういう名前・・らしいです。

モデルを定義して入力と出力を接続

1つの入力と2つの出力を持ったモデルを定義します.

これは、図示化したモデルと同じです。

モデルをコンパイル

compileメソッドは3つの引数を取ります

最適化アルゴリズム(optimizer)は「adam」を利用しています。

損失関数(loss)は予測株価に「mape」、株価の増減に「binary_crossentropy」を利用しています。

評価関数のリスト(metrics)は分類問題の精度としてmetrics=[‘accuracy’]を指定しています。

ようするに?

なんとなく、よく見る学習モデルを構築している事はわかりました。

ただし利用するアルゴリズムが色々ありすぎて、なぜそれを使うのか?が分かりません。

また、シグモイド関数(sigmoid)とか、人工知能の本を読むとキーワードは出てくるので、聞いた&習ったことはあるけれど分かってないです。

とりあえず、詳細は次回にしよう・・・。

 - 2018年, システムトレード, テクノロジー, 投資

  関連記事

images
人工知能は神となり、人々の信仰対象となる

日記を書くことを最低月2回と決めて続けてきましたが、最近は辛いです・・・。 本業 …

2
OmegaChartの使い方導入編(長期株価取得)

Protraはよくできたソフトだけど、本日の日付を使った売買戦略とか、ファンダメ …

unnamed
Protraを使ったバックテスト環境の構築

Pythonや人工知能の学習を兼ねてというのは目的ではないことを再認識しました。 …

10
4点チャージ投資法の有効性検証(protraシストレ)

3点チャージ投資法というのは下落相場において、多くの銘柄に売買サインが出ます。 …

0da20d9d
「大企業のほうが成長できるとか完全にウソ」は多分ウソ

とあるサイト「大企業に就職することの本当のメリット5つ、デメリット5つ」によると …

web
Webサービスを支えるトレンド技術まとめ

FishEyeやCrucibleを使って開発を進め、Node.js+Expres …

01
パワーポッターと賢者の転職・日々の振り返り

朝早くから遅くまで、電車の中、土日・・寝ている時間以外はずっと仕事をしてる。 た …

test
Kerasを使ったMatplotlibのグラフ整形と日本語表示(ディープラーニング)

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦 …

8
3点チャージ投資法(MACP、VR、RSI)の有効性検証(protraシストレ)

この手法は大学時代に後輩から教えてもらいました。 そこから、株のシミュレーション …

clipboard02
社内アイデアソンって参加するだけアイデア損

アイデアソンに参加したり、社内の文化祭的イベントで色々なプロト実装をしています。 …