ねほり.com

何もないから何かみつかる

パワーポッターと賢者の転職・日々の振り返り

      2018/01/17

朝早くから遅くまで、電車の中、土日・・寝ている時間以外はずっと仕事をしてる。

ただ仕事と言っても、やってることは、
 

毎日毎日、パワポ、パワポ

 

見せかけの効果とハッタリをパワポ、パワポ

 

革新提案もパワポ、パワポ

 

もう私はパワー・ポッター、炎のプレゼンテーションだ!!

続編はパワー・ポッターと賢者の転職!!

 
設計・開発力はないから、転職・異動は難しいか・・・。

 
とはいえ、最近のパワポ利用とレビューの割合は半端ない。きっと今までで一番大変なのでは?

 
で、どれだけ大変なのか現状認識するため、自身の一日の時間割をまとめてみた。
 

2017年の一日(業務:検証活動のリーディングと品質改善の浸透)

01

 

家から会社まで1時間30分かかる場所に住んでいるが、始発に乗っている。

 

今までは電車の中は資格勉強や副業時間に使っていたが、今は電車の中でもパソコンを開いて資料を作っている。

 

最近は土日も考えてる事が増えて、休日が休んだ気がしないです。

 
と、思って昔の日記を読みなおしてみると、6年前の一日の時間割をみつけた。

 

2011年の日々の生活(業務:マルチメディア・ネットワークミドルウェアの設計・開発)

2011_07_30_1

 

実装は海外委託だったが、アーキテクチャや設計は自身でしていた。

この頃は大変だったな・・・。

いきなりリーダーになり、協力会社さんを7人ぐらい使って、機能の実現をやっていた。

読む資料も多くて、毎日終電まで働いて生きた心地がしなかった。

 

さらに6年前の時間割をみつけた。
 

2005年の日々の生活(業務:ネットワークスタックのモジュール開発・実装)

2005_09_25_1

これは入社した年の時間割。

この頃は設計および開発、テスト設計・実装をしていた。

この頃は人間関係や要求スキルに私が足りておらず大変だった。

実現可能性調査、何度もレビューを受けて、日々実装・・。

精神的に辛かった時期です。

  

振り返った結果・・・

  

結論:いつの時期も大変

 
 
 

ダメじゃん・・。

なぜか6年周期で一日の振り返りしてるけど、なにも変わってないよね。

今後も同じことを愚痴って、短い寂しい社会人生涯が終わるのだろうね。
  

SOFFetのインディーズ時代の曲が思い浮かぶ・・。

生きるという義務課題を難なくこなすが
実は何が大切か彼は気づかない
喉が渇いた時にはもう水はない

社会という大魔鏡の波に乗っかり どんな多忙もこなし全う
彼は自分の中に 何を残し生きてきたのだろう

引かれたレールにのっかり生きてきたが道も終わり
ようやく気づく穴が心にぽっかり 今終わる人生一度の旅

~ 人生一度/SOFFet ~

  
人生一度の旅は、もう折り返し地点を迎えている・・・・。

このまま仕事を続けて、自分の中、社会、家族に何を残せるのだろうか・・・。

いや、そもそも何かを自分は残したいのか?

 
人は誰かに忘れられたときに本当の死を迎えると言われている。

つまり、だれかの記憶に残っている限り、永遠に生き続ける。

それが、本当に自分のゴールなのか・・・な。

 - 2018年, 未分類, 目標

  関連記事

社内アイデアソンって参加するだけアイデア損

アイデアソンに参加したり、社内の文化祭的イベントで色々なプロト実装をしています。 …

動画配信サービスのビジネスモデル(アメリカ編)

現在 日本のライブストリーミングでは、 ニコニコ生放送(ニコ生) Twit Ca …

炊飯器と麺棒で家庭で餅つき体験

子供の頃、祖母の家には臼(うす)と杵(きね)があり、正月には餅つきをしていた。 …

Kerasのモデル保存・利用(ディープラーニング)

Kerasを使った学習モデルの書き方に関しては、ある程度調べました。 はじめての …

Kerasを使った株の利益を計算(ディープラーニング)

PytorchはLSTMが難しいらしいし、TensorFlowも難しいので未挑戦 …

動画配信サービスのビジネスモデル(Youtube編)

最近は多くの動画配信サービスが存在します。それらのビジネスモデルはどうなっている …

未だに忘れられない心に引っかかってる事まとめ

アメリカで生活していても、毎週劇的なイベント・出会いがあるわけではありません。 …

どうぶつ将棋を作って遊ぶ

漫画「三月のライオン」のなかで「ニャー将棋」という子供向けな将棋がありました。 …

日本昔話「浦島太郎」で乙姫が玉手箱を渡した本当の理由

日本人なら一度は聞いたことがあるであろう日本昔話「浦島太郎」。 この話だけ昔から …

動画配信のビジネスモデル(ライブ配信SHOWROOM、YY編)

前回はYoutubeのビジネスモデルをまとめました。 今回は、新しいビジネスモデ …