ねほり.com

何もないから何かみつかる

RCIの3本ライン表示方法(protraシストレ)

      2017/05/17

protraを使ったバックテストのソースコードばかり公開してますが、グラフ表示も自由に拡張可能です。

たとえば、トレードで重要な指標に「RCI」があります。

RCI(順位相関指数)とは?

RCI(Rank Correlation Index)は、価格そのものを計算対象とせずに「時間」と「価格」それぞれに順位をつけ、両者にどれだけの相関関係があるのかを指標化したものです。

RCIの値は、-100~+100の間を推移し価格が上昇を続ければ+100%に近づいていき高値圏と判断し、下落を続ければ-100%に近づいていき安値圏と判断します。

RCIが上向きのとき、あるいは+80以上の天井圏にあるときは上昇トレンド、下向きだったり-80以下の大底圏にあるときは下降トレンドと言われます。

この指標は3本表示すると、より有効だということです。

ただし、RCIを3本表示できるチャートは少ないそうです。

エントリーの考え方は上図の通り。そんなに難しくない。難点があるとしたら、RCI3本の表示方法。メタトレーダー(MT4)でも、初期状態だとRCIは表示できないし、RCIを搭載しているツールでも1本表示が通常。RCIを3本表示できるチャートって、意外と少ないのだ。

今回はバックテストではなく、Protra上で実装できるチャート表示に挑戦します。

ソースコード

短期(9)、中期(26)、長期(52)の3本を表示します。この3本の動きからトレンドの方向と強さを測れるそうです。

「Protra\chart\Momentum Indicators\RCI」に「RCI(9-26-52).pt」というファイルを作成します。

表示結果

背景を黒にして、少し自分好みなチャートにして利用しています。

5

短期(9)、中期(26)、長期(52)の3本が表示できました(上図)。

下の図は移動平均線を6本表示した例です。こちらも独自拡張です。

まとめ

グラフ表示は難しくなさそうです。

最終的には自動売買が目的なので、グラフ表示はあまり重要とは思ってないですが。

 - 2017年, システムトレード, 投資

  関連記事

はじめてのKerasを使った株価予測(ディープラーニング)

毎年年末年始やGWに技術学習・Webサイト構築してきたのに、今年は何もしていない …

量産型MVP(事業部内MVP 2017を受賞)

会社のソフトウェア事業部で「年間MVP」をもらいました。 事業部は150人程度の …

単純移動平均線&ボリンジャーバンド&ストキャスティクスの有効性検証(protraシストレ)

巷のテクニカル手法を実装しバックテスト検証することで、テクニカル手法を身に付け、 …

人工知能は神となり、人々の信仰対象となる

日記を書くことを最低月2回と決めて続けてきましたが、最近は辛いです・・・。 本業 …

うねり取り手法の神髄(板垣浩氏編)

林輝太郎氏・立花義正氏・板垣浩氏は、正統派ともいうべき相場師達です。 以前、うね …

どこかにマイルで青森県に

マイルの期限が近いけど、どこにも行きたい場所もない。 いっそのこと、ランダムに行 …

去年の反省と2017年の抱負

2016年の鏡リュウジの占いは次のとおりでした。 秋以降は、意外な仕事がきっかけ …

加藤浩一氏の手法(BB&RSI)の有効性検証(protraシストレ)

チームに分かれて3ヶ月かけて検討したマネージャとガチンコ勝負の「社内コンペ」が終 …

BNF氏の逆張りスイングトレードの有効性検証(protraシストレ)

BNF(小手川隆)氏の「乖離率」逆張り投資手法のバックテストを以前紹介しましたが …

Protra使い方発展編(年毎の取引回数と総合利益を表示する)

先月は8万の損。 何だよクソが、人生始まってから負けてばかりじゃねぇかよ。 先月 …