ねほり.com

何もないから何かみつかる

4点チャージ投資法の有効性検証(protraシストレ)

      2017/05/19

3点チャージ投資法というのは下落相場において、多くの銘柄に売買サインが出ます。

より効率的に利用するためにサイコロジカルラインを加えることで、更にパフォーマンスの高い「4点チャージ投資法」になると記載されているので試してみました。

※ 空売りは調査不足なので未検証。

4点チャージ投資法(サイコロジカルライン)

【買いルール】

  • 26日線乖離率が-15%以下
  • RSI(14日)が25%以下
  • ボリュームレシオ(25日)が70%以下
  • サイコロジカルラインが25%以下

【手仕舞いルール】

終値が次の場合に手仕舞いとします。

  • 10%利益で売り
  • -15%損失で売り

手仕舞タイミングは、現実に近づけるために翌日の寄り付きか当日の終値とします。

ソースコード

徐々に理解が高まってきて、無駄な部分が排除されてきました。

3点チャージ法の検証結果

まずは、再度3点チャージ法を確認します。

3点チャージ投資法の有効性検証」とは、手仕舞い後の売却ルールが違います。

結果は、以前より悪くなっています。

以前は手仕舞タイミングが当日の終値でしたが、今回は翌日の寄り付きか当日の終値になっています。

9

Protraは自動売買の仕組みは存在しないので、購入と売却は別途実装が必要です。

加えて株価の更新がリアルタイムではないため、どうしても売却は朝の成行での購入となります。

当日の終値で売却した方が安心感も違うので、14:30ぐらいのデータをProtraにimportした、売却フラグが立てば、その日中に売りたい。

ただ、手仕舞いルールが「10%利益か-15%損失で売り」のように簡易なので、証券会社内で解決するかな・・・。

4点チャージ法の検証結果

さて、本命のサイコロジカルラインを加えた手法です。

トレード数が減るのは当たり前だけど、利率もプロフィットファクターも下がってる?

あれ?・・・むしろ悪くなった?

10

 - 2017年, システムトレード, 投資

  関連記事

Clipboard02
「グッピー」と「カダヤシ」(「メダカ」)の捕獲と分類(千葉県編)

前回の日記で「カダヤシ」と「グッピー」についての記事を書きましたが、写真が分かり …

download (1)
うねりチャート底値買い投資術(うねり取り手法:上岡正明氏編)

四季報に出ている日本の企業を見ると、サラリーマンの限界は800万円~1000万円 …

1
Protra使い方発展編(年毎の取引回数と総合利益を表示する)

先月は8万の損。 何だよクソが、人生始まってから負けてばかりじゃねぇかよ。 先月 …

images
人工知能は神となり、人々の信仰対象となる

日記を書くことを最低月2回と決めて続けてきましたが、最近は辛いです・・・。 本業 …

1
小櫃堰公園の池でモツゴ捕り(千葉県木更津市)

千葉県 小櫃川はシーバス(スズキ)釣りで有名です。 その川の横にあるのが小櫃堰公 …

10
アノマリー(曜日)の有効性検証(protraシストレ)

バックテスト環境を構築できたら、検証したかった一つに「アノマリー」があります。 …

unnamed
Protraを使ったバックテスト環境の構築

Pythonや人工知能の学習を兼ねてというのは目的ではないことを再認識しました。 …

1485677576974
社内文化祭に9件提出してデモした話

やり切りました。。 ホールの1ブロック占拠して、9件のデモを展示しました。 顔を …

Clipboard01
Protraの使い方基礎編(チャートの追加方法)

ある程度慣れてきたので、Protraの(私の)使い方を説明します。 Protra …

download (1)
株は技術だ! (うねり取り手法:相場師朗氏編)

「うねり取り」は江戸時代、米相場の時代から続いている伝統的な投資技法であり、本間 …