ねほり.com

何もないから何かみつかる

4点チャージ投資法の有効性検証(protraシストレ)

      2017/05/19

3点チャージ投資法というのは下落相場において、多くの銘柄に売買サインが出ます。

より効率的に利用するためにサイコロジカルラインを加えることで、更にパフォーマンスの高い「4点チャージ投資法」になると記載されているので試してみました。

※ 空売りは調査不足なので未検証。

4点チャージ投資法(サイコロジカルライン)

【買いルール】

  • 26日線乖離率が-15%以下
  • RSI(14日)が25%以下
  • ボリュームレシオ(25日)が70%以下
  • サイコロジカルラインが25%以下

【手仕舞いルール】

終値が次の場合に手仕舞いとします。

  • 10%利益で売り
  • -15%損失で売り

手仕舞タイミングは、現実に近づけるために翌日の寄り付きか当日の終値とします。

ソースコード

徐々に理解が高まってきて、無駄な部分が排除されてきました。

3点チャージ法の検証結果

まずは、再度3点チャージ法を確認します。

3点チャージ投資法の有効性検証」とは、手仕舞い後の売却ルールが違います。

結果は、以前より悪くなっています。

以前は手仕舞タイミングが当日の終値でしたが、今回は翌日の寄り付きか当日の終値になっています。

9

Protraは自動売買の仕組みは存在しないので、購入と売却は別途実装が必要です。

加えて株価の更新がリアルタイムではないため、どうしても売却は朝の成行での購入となります。

当日の終値で売却した方が安心感も違うので、14:30ぐらいのデータをProtraにimportした、売却フラグが立てば、その日中に売りたい。

ただ、手仕舞いルールが「10%利益か-15%損失で売り」のように簡易なので、証券会社内で解決するかな・・・。

4点チャージ法の検証結果

さて、本命のサイコロジカルラインを加えた手法です。

トレード数が減るのは当たり前だけど、利率もプロフィットファクターも下がってる?

あれ?・・・むしろ悪くなった?

10

 - 2017年, システムトレード, 投資

  関連記事

aomori4
どこかにマイルで青森県に

マイルの期限が近いけど、どこにも行きたい場所もない。 いっそのこと、ランダムに行 …

unnamed (1)
うねり取り手法の神髄(板垣浩氏編)

林輝太郎氏・立花義正氏・板垣浩氏は、正統派ともいうべき相場師達です。 以前、うね …

unnamed
Protraを使ったバックテスト環境の構築

Pythonや人工知能の学習を兼ねてというのは目的ではないことを再認識しました。 …

4
適当に買った場合の有効性検証(protraシストレ)

自分がprotraを使って何をしてるのか分からなくなってきました・・・。 何をや …

6
MM手法(BB、RSI、ADX、MACD)の有効性検証(protraシストレ)

少し複雑な投資手法のバックテストにチャレンジしてみます。 MM法 増田正美氏が考 …

8
3日続落投資法の有効性検証(protraシストレ)

テクニカルトレードは聖杯でない・・・ と前回書いたけど、結局テクニカルトレードっ …

13
鳥居万友美氏の手法(RCIの3本使い)の有効性検証(protraシストレ)

前回「RCI」を3本使ってグラフを表示してみました。 次は、これを使ったトレード …

images (2)
Pythonによるシステムトレード(sbi証券ログイン)

10年前にシステムトレードをVBSで検討したが、結局何もせずに終わった。 Dee …

1
うねり取り手法の銘柄選び(Python、Protra利用)

東京駅で2人の私服警官がいきなり出てきて、警察手帳を見せられた後、職務質問されま …

Clipboard01
Protraの使い方基礎編(チャートの追加方法)

ある程度慣れてきたので、Protraの(私の)使い方を説明します。 Protra …