ねほり.com

何もないから何かみつかる

MM手法(BB、RSI、ADX、MACD)の有効性検証(protraシストレ)

      2017/05/19

少し複雑な投資手法のバックテストにチャレンジしてみます。

MM法

増田正美氏が考案した株式投資法です。

4つのテクニカル指標を用いて、ある条件を満たした時に「 底である 」、あるいは「 底である可能性が高い 」と判断するようです。

その後、株価が反転しはじめたのを確認してから、買いで参入して利益を得ます。

【買いルール】

次のMM条件が4つともすべて満足して初めて 「買い銘柄候補」 となります。

※ボリンジャーバンドとADXの組み合わせだけでも「六十にして株を知る(増田正美、毎日新聞社)」で紹介されています。

  • 終値がボリンジャーバンド(SMA,20日,-2.0σ)以下
  • RSI(14日)が25%以下
  • ADX(14,14日)が75%以上
  • MACD(12,26日)がシグナル(SMA,9日)以下

【決済ルール】

  • 含み益が20%以上(利確)
  • 仕掛けから暦日で60日経過(期限切れ)

 

要するに、ボリンジャーバンドとRSIで売られすぎ買われすぎを見て、ADXとMACDでトレンド方向を見る手法です。

・・・・。
 

 

全く意味が分かりません・・・・

 

 

用語を調べて簡単にまとめました。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

移動平均線の上下に2本づつ線を引いた、帯(バンド)のようになっている指標です。

1

移動平均線からの乖離が大きくなり、行き過ぎた状態の時に、高い場合は売り、安い場合は買いという逆張り投資に利用します。

+2σと-2σの間に95.5%が含まれます。

単純移動平均(SMA)

指定した期間の平均値を結んでできた線です。

標準偏差の2倍の値である“+2σ”及び“-2σ”を移動平均線から上下に乖離させて表示するのがボリンジャーバンドです。

指数平滑移動平均(EMA)

テクニカル分析に移動平均線を用いる際には、SMAよりもトレンドの転換点をいち早く知らせてくれるEMAを用いた方がよいとされます。

相対力指数(RSI)

「行き過ぎた売られすぎ」「行き過ぎた買われすぎ」を表す指標です。

2種類存在します。

  • J.W.ワイルダーの指数移動平均を使ったRSI(Wilder’s RSI)
  • ワイルダーの指数移動平均を単純移動平均に置き換えたRSI(Cutler’s RSI)

平均方向性指数(ADX = Wilder DMI)

ラインが「上昇中」または「一定数値(例えば14日で計算したADXの数値が30)以上」の場合には、「トレンドがある」と判断されます。

逆にADXラインが下降を開始したり、低い数値で推移している場合には「トレンドが無い」と判断されます。

移動平均収束発散法(MACD)

シグナルを下から突き抜けたら(ゴールデンクロスしたら)買い、シグナルを上から突き抜けたら(デッドクロスしたら)売りと言われる。

ソースコード

API一覧は「Protra\lib\TIlib.pt」を見れば分かります。

グラフ描写用のptなどを参考にしながら作れそうです。

RSI_new(14, 1)、DMI_new(14, 14, 1)の最後の引数はWilderの計算法を表していると思ってましたが、グラフを見る限り引数0が正しそうです。一日無駄にした・・。

バックテスト

20年で52回しか取り引きしてないです。

少なすぎでしょう・・・。

6

取り引き数が少ないのは、各指標の論理積なのが理由です。

なお、RSI_new(14, 1)、DMI_new(14, 14, 1)の間違いをデバッグするために、各指標を別々に算出して調査しました。

せっかくなので、結果を載せておきます。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の利益結果

2

2007年(平成19年)~2013年(平成25年)がマイナスなので日経平均株価そのものです。

相対力指数(RSI)の利益結果

3

平均方向性指数(ADX = Wilder DMI)の利益結果

4
2007年(平成19年)~2013年(平成25年)がマイナスなので日経平均株価そのものです。

移動平均収束発散法(MACD)の利益結果

MACDMACD(12,26)のシグナル(9日)が0以上としてバックテストを実施しました。

5

 - 2017年, システムトレード, 投資

  関連記事

8
3点チャージ投資法(MACP、VR、RSI)の有効性検証(protraシストレ)

この手法は大学時代に後輩から教えてもらいました。 そこから、株のシミュレーション …

1485677576974
社内文化祭に9件提出してデモした話

やり切りました。。 ホールの1ブロック占拠して、9件のデモを展示しました。 顔を …

10
イザナミのサンプル手法の検証(protraシストレ)

インターネット上にProtraのサンプルコードが見つかりません・・・。 そもそも …

2
BNF氏の逆張りスイングトレードの有効性検証(protraシストレ)

BNF(小手川隆)氏の「乖離率」逆張り投資手法のバックテストを以前紹介しましたが …

4
適当に買った場合の有効性検証(protraシストレ)

自分がprotraを使って何をしてるのか分からなくなってきました・・・。 何をや …

Clipboard01
Protraの使い方基礎編(チャートの追加方法)

ある程度慣れてきたので、Protraの(私の)使い方を説明します。 Protra …

unnamed (1)
うねり取り手法の神髄(板垣浩氏編)

林輝太郎氏・立花義正氏・板垣浩氏は、正統派ともいうべき相場師達です。 以前、うね …

stock
将来に向けた株式投資を真面目に考える

「起業、起業」を言い続けてましたが、私が考えてるのは「ベンチャー」ではなくて「ス …

unnamed
Protraを使ったバックテスト環境の構築

Pythonや人工知能の学習を兼ねてというのは目的ではないことを再認識しました。 …

image_uneri_invest
うねり取り手法の概要を調査する

株式トレードは、いかに負けを少なくして利益を得るかを競うゲームだと考えています。 …