ねほり.com

何もないから何かみつかる

日本昔話「浦島太郎」で乙姫が玉手箱を渡した本当の理由

      2017/08/15

日本人なら一度は聞いたことがあるであろう日本昔話「浦島太郎」。

urashima

この話だけ昔からずっと解せない・・・。

この話は、どの文献を見ても「めでたし、めでたし」と終わっているように解釈できない。

~あらすじ~
助けた亀に連れられて海底の竜宮城へ行き3年間を過ごすが、浜に帰ると既に300年が経っており、お土産にもらった玉手箱を開けると一気に老人になってしまう。

一般的な物語に出てくるキャラクターは次のとおり。

浦島太郎

彼は

心優しい青年

貧乏なのに「おむすび」や「お金」を渡すことで亀を助ける。

そして、故郷の事も忘れない

家族思い

な一面も持っている。

ところが、その優しさによって、

拉致され

3年間監禁され

最後は

老人にさせられる

今回の物語の事件の

被害者

です。

乙姫

この女は最悪です。

自分の身内を助けてくれた恩人を、鯛や平目の舞い踊りやご馳走で饗しているように見せかけて、

実はそれによって時間を忘れさせるという

極めて巧妙な手口

を使って、何の罪もない青年を

長期間滞在させるように 誘導

しかも、

長期間滞在してしまうと、陸の世界と時間の進み方が違うため、戻った時には、

知り合いが誰も生き残ってないという

デメリット

があるにも関わらず、竜宮城の全員で

隠蔽

し、

有害物質が含まれた煙が噴射する箱

を、何の説明もないまま渡し

老人にさせる

という、今回の物語で

計画的な犯行

を行う事件の

加害者

です。

青年は大切な「おむすび」や「お金」を出して亀を助けたにも関わらず、

命の恩人の優しさにつけこみ

「お礼がしたい」等と言葉巧みに誘い出し

青年を

見殺し

にしました。

亀は、今回の事件の

共犯者

この話は一体何が言いたいのか?

強いて言うなら、

twitter

確かに、そういう戒めで終わる昔話もある。

が、

罪と罰のバランスが悪すぎるではないのか?

他に、指摘する事があるとすれば、

twitter1

確かに乙姫は

「開けてはいけません」

と忠告をした。

が、ちょっと待て。

開けてはいけないものを、なぜ渡したのか?

そして、あいつらは

人を有害な煙で老人にするような2人組

である。

たとえ、青年が自ら開けなくても、巧妙な他の手口で青年に有害な煙を浴びさせる準備はしていたに違いない。

なぜなら、これは浜辺で亀がいじめられている時から、

反抗的計画は始まっていた

のだから。

この話を聞いて人は何を教訓にすれば良いのだろうか?

  • 知らない人から物を貰ってはいけない
  • 知らない人について行ってはいけない
  • 知らない人の誘いにのってはいけない

なのか?

それとも、

他人が傷ついていても無視すること
→ 助けると自分が被害を被る

という戒めなのか?

原作ではどうなっているのか?

ここから少し掘り下げてみる。

浦島の物語は多くの文献に掲載されている。

  • 日本書紀(作者:続守言)
  • 丹後国風土記
  • 万葉集(作者:高橋虫麻呂)

※風土記・・・713年に郡(県)名の由来・伝承・産物・土地の状態などを各国庁がまとめた書物のことで、平安時代から風土記と呼ばれる
※日本書紀・・・中国の歴史書にならって「日本書」を目指した日本最古の歴史書
※万葉集・・・奈良時代末期に成立した和歌集

これらの資料をベースに室町時代の「御伽草子」にある「浦島太郎伝説」によって、

「乙姫」「亀」「玉手箱」「竜宮城」など現在のストーリが成立した。

e821b2eb-s

室町時代の「浦島太郎伝説」は、

最後、白髪になった浦島太郎が鶴に化け、亀姫と結ばれる

という話。

54fdab0b-s

竜宮城での生活で700年の時が流れてしまった。

鶴になることで1000年の寿命となり、残りの300年の人生を乙姫(亀:万年)と過ごした。

めでたし・めでたし

と。

完全な後付け設定

室町時代時代の著者も、

「この話のオチが無い」

と思って、追加したに違いない。

最も古い書物「丹後国風土記」の内容は、次のとおり。

  • 男性(浦嶋子)が亀に会う
  • 亀が女性(仙女名:亀比売)に化する
  • 仙界(常世の国)に行く
  • 仙女と恋におちる(妻とする)
  • 3年の月日が流れる
  • 青年が故郷に戻りたいという(生まれ故郷に戻り禁(タブー)を犯す)
  • 女性が箱(玉匣(たまくしげ))を渡す
  • 故郷に戻ると300年の時間が過ぎていた
  • 青年が箱を開けてしまう
  • 白髪となり、女性の元を離れたことを後悔する
  • 互いに会えない事に対して句を歌う

ここで注意するのは、原作では次のようになっています。

亀 = 乙姫

乙姫 = 仙女

竜宮城 = 常世の国

以下では上記の前提で話をすすめます。

なぜ、女性は箱を渡したのか?

ようやく本題。

ネットを見ると、有力な説は幾つか存在する。

【間違い】箱は化粧箱。妻がいることを意味し『浮気防止』で渡した

一般に「玉手箱」と称される「玉匣/玉櫛笥(たまくしげ)」は、

貴重なものを入れるのに用いられる。漢代には帝王の葬具

である。

化粧道具入れ

という意味もある。

「玉手箱」は浦島が仙女との愛を裏切り地上の娘と結婚しようとした時の復讐の手段

と、考えることは可能。

ただし、浦島太郎が俗世間に去った際に、

仙女は次の句を歌ってる。

大和べに風吹きあげて雲離れ退き居りともよ吾を忘らすな
【意味】
大和の辺りに風が吹いて雲が離れ離れになるように、
たとえ私とあなたが隔たっていようとも、
どうぞ私を忘れないでくださいね。

決して、

嫉妬心に狂った女性

ではない。

浦島太郎は、

「この箱を開けてはならない」

ということは十分に理解していた。

開けてはいけない・・・

でも開けてしまった。

このように・・・

 

 

 

u542b84687f7d5a320000a5d4259f

「押すなよ!押すなよ!」

 

フラグじゃねーか
時代に追いついちまったじゃねーか・・・・

 

というだけの事。

だから、仙女(乙姫)は

私のもとから離れるぐらいなら殺してやる

と考えてしまうような、

懐の狭い女

ではない。

【万葉集では正しい】300年の浦島太郎自身の老いが入っている

仙女は浦島太郎が地上へ戻っても、年を取らないよう「玉手箱」に力を封じ込めていた。

という説。

勿論、

300年分の老いが入っている

なら箱を開けた瞬間に白骨化してしまう。

そこは、万葉集(万葉集九巻1740)では、

肌も皺みぬ 黒くありし 髪も白けぬ ゆなゆなは 息さへ絶えて 後つひに 命死にける

浦島の子は白髪の老人の様になり、ついには息絶えてしまった。

と、記載がある。

少なくとも「万葉集」では、この解釈は可能。

ただし『日本書紀』や『万葉集』にもさかのぼる本当の原点である「丹後国風土記」では白髪になっても生きている。

【浦島太郎伝説では正しい】人間の体を捨て去り、仙人になるため

浦島太郎は鶴になることで人間の体を捨て去り、仙人になった。

そのために、煙は浴びる必要があり、

これはハッピーエンドなのだ。

でも、

童話では最後が難しいので、教訓話に転化した。

という説。

室町時代の「浦島太郎伝説」をベースに考えるのなら、この解釈は可能。

でも、これも原作「丹後国風土記」では成り立たない。

結論

原文である「丹後国風土記、逸文」に残されている、「浦嶋子」の伝説では、

仙女は次のように浦島太郎に伝え玉手箱を手渡した。

「こんな私のことでも忘れずにいて。
 この玉匣があれば、もう一度ここに戻ってこられる。
 でも、どんな事があっても開けて中を見ようと思わないで。」

仙女は

 

 

浦島太郎が、いつでも仙界(常世の国)に戻れるため

 

 

に玉手箱を手渡した。

玉手箱とは、

宝貝(タオペイ:仙人が創り出した神秘の道具)のこと

 

いわば、玉手箱は

ドラえもんの「タイムマシン(どこでドア)」

 

しかし、浦島太郎は

使い方を間違えた(開けてしまった)

だから、宝貝が暴走した。
 

白髪になったのは、
 

単なる事故

これが結論。
 

「開けたら老人になるなら、先にキチンと説明してよ」

と思うかもしれない。

が、

urashima

仙女だって、そこまで分かるか!

どんなに防いでも不慮の事故は起きるもの。

 - 2015年, 未分類, 歴史, 調査結果

  関連記事

rigein
バブル時代、黄色と黒は勇気の印、24時間戦えますか?

リゲイン エナジードリンクが発売されたようです。あの歌も24年ぶりに一新です。 …

IMG_20171001_164657
千葉公園のハス池でグッピー捕り(千葉県千葉市)

千葉公園は「大賀ハス」のハス池が有名です。 ただし10月になると、完全に枯れてし …

13133679
アメリカに移住(渡米)した親族・先祖の調査方法 4

広島県、山口県、熊本県、福岡県は全国でもっとも海外移住者が多かった県です。 この …

1342_3039
ワイングラスはボウルを持つのが正解!は嘘っぱち? 3/4

これまでのあらすじ。 国際的に見ると公式な晩餐会マナーとしては、ボウル部分を持つ …

census
アメリカに移住(渡米)した親族・先祖の調査方法 2

父から聞いた内容は次のとおり。 曽祖父は先生で、ロスに住んでいた高祖父の妻の親族 …

naitei
「読み手が引き込まれる 文章の天才が届けるコラム9選」を読んでみた

本日、 「読み手が引き込まれる 文章の天才が届けるコラム9選」 という記事を見つ …

201506281
助けて「クラシアン!」、しまった!ここはアメリカだ・・・

今月は土日は部屋からほとんど出てないです。 なので日記を書くことがありません。 …

sansuumonndai
小学校3年「3.9+5.1=9.0は減点」に対する歴史的背景と個人的見解

定期的に話題になる小学校教育問題。そして今ホットな話題は次のツイッター。 姪っ子 …

201402083
地中海ファーストフード フェラフェル(Falafel’s Drive-in)

「アメリカといえばファーストフード」。「ファーストフードといえばアメリカ」という …

result
bootstrapの軽量化Part2 不要なCSS定義を削除する

前回までで軽量化に関しては終了・・・。と思っていたが、やっぱり重たい。 boot …